フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

FC成功ノウハウ

KNOW HOW

AIビジネスにおける市場規模の拡大と今後の動向について①

ファディー関連コラム

マーケティングとコンサルティングを提供する富士キメラ総研の調査、発表によると、AI(人工知能)に関連する市場は2018年度の国内市場規模で5300億円程度が見込まれるとのことである。現状ではAIはまだまだ実証実験が中心の分野も多いが、今後は金融業や製造業などで本格的なAI(人工知能)の導入が行われる事になる。結果として、AI(人工知能の市場の拡大は確実に見込まれることとなる。今後、飲食や小売、さらには一般企業の業務支援など、さまざまな業種でのAI(人工知能)導入が予想されており、その可能性は計り知れない。
2030年度の市場規模は、2017年度比5.4倍の2兆円程度と予測されるとのことで、AI(人工知能)の市場は大きな可能性を秘めている。

業種別動向では、金融業が2030年度に4500億円程度となると予測されている。チャットボットの活用や与信、融資審査、さらには株価予測などでAI(人工知能)の活用が進むとみられる。また、組立製造業においては2600億円程度の市場となると予測される。特に、ものとインターネットが繋がるIoTやAI(人工知能)を活用したスマートファクトリー化による「工場内管理」や、建設機械などの稼働状況を管理し、稼働状況に応じて費用を課金するといった「機器稼働管理」の成長が見込まれる。

そのほか、注目市場では、ものとインターネットが繋がるIoTデバイスでの音声対話、テキスト対話による会話型AI(人工知能)市場が2030年度に300億円程度まで拡大すると予測する。今後、音声をインターフェースとしたより高度な対話環境の構築や、外出の多い営業人材を抱えている企業における社内支援業務をチャットボットで代行させると言った分野でも、AI(人工知能)の活用が見込まれる。

当然、弊社が展開する女性専用セミパーソナルフィットネスのファディー同様に、フィットネスの分野にはAI(人工知能)の活用の波は確実に訪れることが予測され、これまでと異なる次元のサービスが次々と誕生することになります。
特にフィットネス分野はIT化が飲食同様に進んでおらず、この分野におけるAI(人工知能)活用はまだ手探りではあるが、可能性を秘めた分野である。

FÜRDI(ファディー)について関心のある方は、こちらから資料をご請求ください。

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00