フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

FC成功ノウハウ

KNOW HOW

24時間フィットネスクラブ増加の要因(第3回:全8回)

市場・業界動向レポート24時間ジム関連コラム

第2回では、様々なフィットネスクラブの業態でも直近勢いのある業態の特徴について見てきました。今回は、当社が立上コンサルティングを行っている24時間フィットネス業態に焦点をあてたいと思います。

24時間フィットネス業態の最大手エニタイムフィットネスは、400店舗突破し、非常に元気です。その勢いを知って、フランチャイズ加盟希望者が殺到しているようですが、既存加盟店に複数店舗を任せる方針をとっているようで新規での加盟は止めているようです。このように好調を理由に新規のフランチャイズ加盟を止めるのはカーブスにも以前見受けられました。
また、ジョイフィットやメガロスといった大手中堅フィットネスクラブも独自に24時間フィットネスクラブ業態で出店を増やしており、活況を呈しています。

その理由としては、
フィットネスクラブのユーザー側からすると
①人生100年時代と言われ、いかに健康寿命を延ばしていくか、日本人の健康に対する意識がより強くなったこと、
②半面、日本人の可処分所得は低下し続け、総合フィットネスクラブのように高い会費ではなく、リーズナブルな会費を好むようになったこと、
③更には、日本人の生活スタイルが多様化し、その変化に対応した営業時間であること
以上のことから、多種多様なフィットネスクラブ業態のなかでも、24時間フィットネスを選ぶ人が増え続け、都市部から郊外、地方へも広がりを見せております。

事業者側からすると
①24時間フィットネスクラブは、プールレス等、マシーントレーニングに特化することから、総合フィットネスクラブに比べると、物件規模が小さく、設備投資も低額になることから取り組みやすいこと
②設備投資型ビジネスの色が強く、例えば飲食店に比べると経営管理項目が少なく、また、属人的な要素も他のビジネスに比べると少ないこと(勿論、フィットネスクラブで働く以上は、お客様に満足頂くための、接遇マナー、クリンネス、マシーンの取り扱いやトレーニングに対する正しい知識は必要です。)
③売上・利益構造が安定経営をもたらす積み上げ型のストック型であること
このような事業としての魅力も増えている要因だと分析しています。

消費者のニーズと事業者のメリットが合致していることも24時間フィットネスクラブが昨今急増している要因と考えています。

少しでもご関心ある方はお気軽にセミナーもしくは個別面談にお申込みください。

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-3526-2980平日9:00~18:00