フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(マーケット編)

FC成功ノウハウ

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(マーケット編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(手間・工数編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業のマーケットを官公庁のデータを用いて比較してみたいと思います。

 

◆コインランドリーマーケット

  • ・ここ10年で、店舗数は 12726店舗(2003年)から 16693店(2013年)へ。 (出典:厚労省生活衛生局統計資料より。)
  • ・つまり、毎年3%程度づつ成長を遂げてきたと言えます。
  • ・大幅ではないものの、着実に市場は伸びていると言えます。

 

今後予測されるニーズは、

  • ・利用者層の変化(単身者から主婦へ)
  • ・女性の社会進出などによるライフスタイルの変化
  • ・大物衣類の洗濯ニーズ
  • ・アレルギー物質への対策ニーズ

 

などにより、今後も利用ニーズは増えるのと予測されています。

 

◆自動外貨両替機事業マーケット

  • ・現状、インバウンド数は年間約2,000万人(出典:観光白書)。日本政府は更に2030年までに、今の3倍の6,000万人の訪日外国人旅行客を増やすことを目標として官民挙げての訪日プロモーションを実施しています。
  • ・また、外国人旅行客の96%と現金利用率が高いにもかかわらず、日本旅行中の不満の一つに、両替所とクレジットカード利用可能店が少ないことが挙げられています。
  • ・自動外貨両替機事業は、この成長するマーケットかつ不足する両替所(カード利用可能店)によって、中長期的な成長が見込まれる分野です。

 

どちらの事業も成長マーケットと言えるでしょう。
是非、今後のマーケット推移を見極めて、最適な事業の選択を行っていただければと考えています。

 

対談インタビュー