フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

起業したい女性におすすめの職種7選!業種を決める際の3つのポイントも解説

KNOW HOW

「好きなことを仕事にしたい」「強みを活かしてビジネスを始めたい」と考える女性が増えています。男性に比べるとまだ少ないものの、女性起業家は増加傾向です。「育児と両立したい」「開業資金が少なくてもできる仕事をしたい」など、さまざまな希望が叶う仕事を見つけることも可能です。

しかし、どんな仕事を選んだら良いのか、迷ってしまう女性も多いでしょう。そこで、こちらの記事では、女性が起業する際に役立つおすすめの職種や業種の選び方について詳しく解説していきます。




この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.女性が起業するパターン4選

女性が起業するパターン4選

起業には、さまざまな方法があります。こちらでは、起業パターンを4種類紹介します。

  • 個人事業主
  • 法人設立
  • 代理店業務
  • フランチャイズ

どの方法で起業するのが最善か、チェックしてみてください。

1.個人事業主

税務署に開業届を提出すると、個人事業主(自営業)となります。1人で仕事を始めるスモールビジネスに向いています。

法人に比べると社会的信用はありませんが、開業にかかる経費を抑えることが可能です。規模が大きくなってきたら、税制上の優遇措置がある法人化を目指すのがおすすめです。

2.法人設立

法人設立は、個人事業主と比べると社会的な信用を得られやすい特徴があります。複数人で起業する場合は、共同代表として法人設立することも可能です。

個人事業主として起業して、収益が増えてきたら法人化に移行する方もいます。利益が増えてくると、法人の方が節税効果が高いためです。ただし、事業に失敗したときのリスクは、個人事業主に比べると高まります。

3.代理店業務

保険会社や広告代理店などの制度を利用して、代理店として起業する方法があります。代理店業務とは、顧客とメーカーの売買契約を仲介する役割です。代理店の収益は、業績による手数料が利益となる成功報酬型です。

会社の知名度を利用できるので、早い段階で売上を確保しやすいメリットがあります。

4.フランチャイズ

フランチャイズは、本部にロイヤリティを支払う代わりに、経営ノウハウや商法利用権を提供してもらうシステムです。個人で起業するよりも生存率が高く、低リスクで自分のお店を持てます。未経験でお店の経営を行いたいと考える方に、おすすめの起業方法です。

2.起業したい女性が業種を決めるときのポイント3つ

起業したい女性が業種を決めるときのポイント3つ

「起業したい」 と考えても、どんな仕事を始めたらよいのか迷ってしまう女性も多いでしょう。こちらでは、起業したいと考えた女性が、業種を決めるときのポイントを3つ紹介します。

  • 自分の強みが活かせる
  • 小さく始められる
  • ランニングコストが低い

ぜひ参考にしてみてください。

1.自分の強みが活かせる

まずは、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことが大切なポイントです。強みを活かせる仕事の方が同業者との差別化が図れる上、より質のよいサービスを提供しやすいためです。

これまで経験してきたことや、趣味・特技を活かせる仕事を探してみてください。好きなことを仕事にできれば、多少辛い場面に出くわしても乗り越えられるので、挫折するリスクも低いでしょう。

2.小さく始められる

女性が起業するなら、小さく始められるかどうかも重視したいポイントです。例えば、店舗を構えて必要な設備を整えて、となると莫大な資金が必要です。初期費用を抑えるなら「自宅の一部を使う」「パソコン1つで完結する」などの仕事を選ぶと良いでしょう。

小さく始められる仕事なら、途中で軌道修正も容易です。まずは小さく始めて、軌道に乗ってきたらどんどん規模を広げていくのがおすすめです。

3.ランニングコストが低い

女性が起業するなら、ランニングコストの低さも大切です。たとえ初期費用が多くかかってしまったとしても、固定費を抑えられれば資金繰りに悩むリスクは低くなります。

事業を始めてすぐに収益が得られるとは限りません。毎月の費用負担が大きいと、赤字になり事業が行き詰まってしまいます。なるべく少ないランニングコストでできる仕事を選んでみてください。

3.起業したい女性におすすめの職種7選

起業したい女性におすすめの職種7選

起業したいと考える女性に、おすすめの職種を7つ紹介します。

  • サロン系
  • ネットショップ経営
  • 教室・セミナー
  • 育児系
  • カフェ経営
  • 代行ビジネス
  • 女性向けフィットネス経営

気になる仕事があれば、チェックしてみてください。

1.サロン系

美容サロン系の仕事は、特に女性に向いています。「キレイになりたい」と考える女性の気持ちに寄り添えるからです。サロン系には、以下のような仕事があります。

  • エステサロン
  • ネイルサロン
  • 脱毛サロン
  • ヘアサロン
  • リラクゼーションサロン

自宅の一部を職場にできるような仕事なら、初期費用は少なく済むでしょう。中には資格が必要な仕事もあるので、どの仕事ならできるのか事前にしっかり調査しておくことが大切です。

2.ネットショップ経営

ネットショップ経営は、実店舗を構えずにお店を持てます。好きな商品を扱えるので、楽しみながら仕事ができるでしょう。起業に特におすすめなのは、以下のようなお店です。

  • セレクトショップ:洋服、化粧品、雑貨などを集めて販売する
  • ハンドメイドショップ:自分で作った作品を販売する
  • プリントデザイン:自分でデザインしたものをTシャツやエコバックにプリントしてもらい、販売する。デザインをインターネット上で依頼することも可能

いきなり大量に仕入れて売るのではなく、まずは少量から始めて、売上が立ってきたら仕入れを増やしていくのがおすすめです。

3.教室・セミナー

教室やセミナー系は、自身の経験やスキルを活かして起業したい方におすすめです。

例えば、
・料理教室
・マナー教室
・お金の使い方などについてのマネーセミナー

など。自宅の一部で教室を開いたり、オンラインセミナーを開催したりすれば、費用を押さえて起業できます。広い場所が必要な場合でも、公民館やカルチャーセンターなどを利用すれば、開講しない日の費用をかけずに済みます。

得意なことや人に教えたいことがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

4.育児系

子育てをしたことがある女性は、経験を生かして育児系ビジネスを始めるのがおすすめです。育児に悩む母親に、親身になってアドバイスを行えるからです。育児系ビジネスには、例えば以下のような仕事が挙げられます。

  • 子育てサロン
  • 子育てカウンセラー
  • ベビーマッサージ教室

店舗を構えなくても、自宅の一部を利用して開業が可能です。

5.カフェ経営

飲食店の中でもカフェ経営は、インテリアを好みのデザインにできるのが特徴です。個性を出しやすく、オリジナリティあふれるお店を持つことが可能です。ただし、お店を構えたり、必要な設備を整えたりするのに多くの資金がかかります。

初期費用を抑えたいなら、フランチャイズ経営も選択肢のひとつです。自由度は低くなりますが、経営のノウハウがパッケージ化されているので、早期に収入を得られるでしょう。

6.代行ビジネス

代行ビジネスは、日常のさまざまなことを顧客の代わりに行うことです。女性ならではの細やかな気遣いが、ビジネスの成功に繋がります。代行ビジネスの職種例は、以下の通りです。

  • 買い物代行
  • 家事代行
  • ハウスクリーニング

タイムチケット制や、フランチャイズなど、起業の方法はさまざまです。

7.女性向けフィットネス経営

女性向けフィットネス経営は、女性起業家におすすめです。健康志向が高まり、ジムの需要が増えています。しかし、男性の目が気になる女性も多く、女性向けフィットネスが注目を集めています。

ジムの開業には家賃や器具など多くの資金がかかるものです。開業資金を抑えるなら、自宅で開業したり、フランチャイズで起業したりするのがおすすめです。

4.まとめ

起業したいと考える女性は増えています。自分の強みを活かして、事業を成功させてみてください。気軽に起業できるようになった反面、きちんとビジネスプランを立てておかないと失敗するリスクが高まります。まずはきちんと計画を立てて、目的を明確にした上で起業を行いましょう。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00