フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

低賃金で始められるフランチャイズとは?メリットや選び方も解説

KNOW HOW

フィットネスジムやハウスクリーニング、リペアショップなどの低賃金で始められるフランチャイズは、自己負担が少ないためすぐに開業できるメリットがあります。低リスクで始められ、経営を軌道に乗せやすく、事業拡大を視野に入れる経営者にも注目されています。

低賃金のフランチャイズ事業の種類やメリット、フランチャイズを選ぶときに抑えておきたいポイントについて詳しく解説します。

女性専用AIフィットネスFURDIの紹介ページ

この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

低賃金で始められるおすすめフランチャイズ事業


低賃金で始められるおすすめのフランチャイズ事業には、フィットネスジム、リサイクルショップ、ハウスクリーニングなどがあります。それぞれの事業内容とフランチャイズ加盟から開業までの流れを詳しく調べて自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

1.フィットネスジム

近年は、パーソナルジムや女性専用などの低賃金で始められるフィットネスジムが人気です。

従来のフィットネスジムは、マシンやスタジオプログラム、プール、サウナなどを備えた総合型のフィットネスジムが主流でした。しかし近年は、健康ブームの後押しもあり、さまざまな世代の人が自分のライフスタイルに合ったフィットネスジムを利用している方が増えています。

特定ニーズに答えられる小規模のフィットネスジムは、低賃金で始められるため、ビジネス面から見ても低リスクでおすすめです。

女性専用AIパーソナルジム「ファディー」では、フランチャイズ募集をおこなっています。サポート体制が充実しているので、異業種からの参入でも安心して事業に取り組めます。

2.リサイクルショップ

ブランドのバッグや小物、骨董品、古着などを買い取るリサイクルショップもフランチャイズ事業として展開しています。仕事内容は、店頭に来店した顧客が持ち込んだ商品を買取して本部へ送る流れです。リサイクルショップの強みは省スペースで始めやすいことから低賃金ビジネスといえます。

また、1日の間に平均3〜5人の顧客が来れば利益を得られるため、時間や体力的にゆとりがあるビジネスモデルとして人気です。

3.ハウスクリーニング

自宅の気になるところを徹底的に掃除するハウスクリーニングは、景気に左右されにくいビジネスとして注目されています。高齢者や共働きなどニーズは幅広くあり、顧客は水回りやエアコンなどピンポイントで気になるところだけクリーニングしてもらえるので気軽に依頼できます。

ハウスクリーニングは、顧客の指定する場所を訪問してクリーニングするので店舗を構える必要がありません。初期費用を抑えて1人でも始められるビジネスです。

4.配食サービス

高齢者や、持病があり栄養バランスを考えた食事を摂る必要がある人向けに、宅配でお弁当を届ける配食サービスもフランチャイズ事業です。店舗調理の必要はなく、すでに調理済みの食材を盛り付けて宅配するので調理設備も不要です。

フランチャイズの配食サービスは、加盟金や保証金だけではなくロイヤリティも無料という場合もあります。なるべく低賃金でビジネスを始めたい人や未経験の人も始めやすい業種と言えるでしょう。

5.中古車買取

無店舗で開業できる出張型の中古車買取ビジネスは、顧客から中古車を査定して買取、オークションで売って利益を得るフランチャイズ事業です。本部に支払うのは加盟金や月額固定費またはロイヤリティなどがありますが、1人でも始められて低賃金でスタートできます。

見積もり比較サイトや本部から顧客を紹介してくれるので、集客しやすい点も魅力です。車が好きな人であれば、楽しく仕事ができるフランチャイズ事業です。

6.リペアショップ

車の部品を直して使えるようにするサービスを提供するのがリペアショップです。リペアの種類は、ホイールリペアやインテリアリペア、外装リペア、コーティングなどがあり、自分の得意とする技術や顧客のニーズに合わせてビジネスを提供できます。

リペアショップは、特殊な技術さえ身につければ、高単価で仕事できる点が人気を集めています。新たなスキルを身につけて開業したい人におすすめです。

7.デリバリー専門飲食店

一般的な店舗を構える飲食店の場合は、フランチャイズでもある程度の初期費用が必要ですが、デリバリー専門の飲食店なら低賃金で開業が可能です。

新型コロナウイルス感染症の対策により、外食よりもテイクアウトやデリバリーで食事を注文する人が増えました。そのためデリバリーやテイクアウト専門のフランチャイズの飲食店事業も拡大しています。

顧客が来店する飲食店よりも省スペースで始められ、人件費も抑えられるためフランチャイズの飲食店の中でも注目されている業態です。

2. フランチャイズの初期費用相場

フランチャイズの初期費用相場は、本部が店舗を用意するか加盟店側が用意するかによっても大きく異なります。あらかじめ確認した方がよいでしょう。

一般的なフランチャイズの初期費用の相場は以下の通りです。

・保証金:100万〜200万円
・設備資金:1,000万〜1,600万円
・開店時の商品仕入れやサービス供与:400万〜590万円
・研修費:30万〜44万円
・その他の資金:800万〜1,000万円

保証金はフランチャイズ事業によって異なります。また、低賃金の場合、設備資金や商品の仕入れなどを大幅に下げられます

3.低賃金で始められるフランチャイズのメリット4選


低賃金で始められるフランチャイズは、自己負担が少なくすぐに開業できる点などがメリットです。

1.自己負担を減らせる

フランチャイズ事業の場合、本部で一括して仕入れた材料や商品を使えるので、1から事業を始める場合より自己負担を減らせます。また、未経験でもすぐにビジネスを始められるよう研修を受けられるため、開業時に本部からさまざまなサポートも受けられます。

2.経営を軌道に乗せやすい

低賃金のフランチャイズなら十分な運転資金を確保でき、開業後も営業に集中しやすくなるため経営を軌道に乗せやすいといえます。

自分でビジネスを始める場合、想定以上の初期費用がかかるため、開業後の資金が少なくなってしまうリスクがあります。低賃金なら開業後に黒字へ転じるまでの期間も余力を持って営業できます

3.すぐに開業できる

初期費用が少なくて済むため、すぐに開業できます。とくにフランチャイズの場合は、本部が蓄積したノウハウを共有してくれるうえ、多くのフランチャイズを開業させたスーパーバイザーが開業までしっかりバックアップしてくれます。未経験や異業種からの参入でも安心して事業を始められるでしょう。

4.店舗拡大しやすい

低賃金のフランチャイズビジネスは、店舗拡大を狙う経営者に適したビジネスモデルです。1店舗の開業に多くの資金と時間を必要としないため、1つの店舗が軌道に乗ったらすぐに次の店舗を開業することも可能です。

同一エリアでマーケットを広げたい場合や、全国展開を考えているなら低賃金のフランチャイズを検討するとよいでしょう。

4. 低賃金のフランチャイズを選ぶ6つのポイント


低賃金のフランチャイズを選ぶときには、保証金やロイヤリティ、本部のサポート内容などをチェックしましょう。また店舗を構えたり在庫を抱えたりする必要がある事業かどうかも抑えておきたいポイントです。

1.保証金はいくらか

初期費用の多くを占めるのがフランチャイズ本部に支払う加盟金や保証金です。フランチャイズに加盟する際に必要な加盟金とは別に、保証金制度を設けている業種があります。

保証金は本部に一時的に預けるもので、ロイヤリティや仕入れの支払いなどに債務不履行が生じたときに該当する金額を保証金から支払うことが可能です。

2.ロイヤリティの支払い方法

ロイヤリティの支払い方法が、月額固定なのか歩合制なのか確認しましょう。月額固定の場合は、売り上げが赤字であっても毎月ロイヤリティを支払わなければいけません

歩合制は、売上が低い場合は少額の支払いで済みますが、収益が増えるごとにロイヤリティは高くなります。どちらの支払い方法が自分の事業に適しているのかを考えてフランチャイズ本部を選んでください。

3.サポートの内容

フランチャイズ本部の開業前と開業後のサポート内容も把握しておきます。本部の担当者が開業前にどこまで相談に乗ってくれるのか、研修はあるのか、開業後も相談できる窓口があるかなどを確認してください。

ロイヤリティに見合ったサポートを行うところに加盟しましょう。

4.収益モデルを確認

フランチャイズ本部との説明会や面接の段階で、収益モデルについて質問してみましょう。開業すれば必ず収益モデルと同じように経営できるとは限りませんが、どのくらいの期間で黒字に転じるか、初期費用の回収までの期間などを把握できます。

運転資金を確保するときの参考にもなるので、チェックしておきましょう

5.店舗が必要か

低賃金でフランチャイズを始めるなら、店舗の必要性は大きなポイントです。店舗を構えなければいけない場合、マンションの1室や自宅で開業できる事業であれば低賃金に抑えられます。一方で、事務所や店舗を借りる場合は、小規模でも敷金や保証金などのまとまった資金が必要です。よって無店舗で開業できる事業の場合は、初期費用を抑えられます。

6.在庫を抱える必要があるか

在庫を抱えて行うビジネスの場合、保管するための倉庫や広めの店舗・事務所などが必要になります。在庫を持たないビジネスであれば、拠点を現在の自宅に設定して開業することも可能です。在庫が必要な業態かどうかもフランチャイズ選びのポイントです。

まとめ

低賃金で始められるフランチャイズ事業は初期費用を抑えることができるため、すぐに開業できて事業を安定して経営しやすいメリットがあります。フランチャイズに加盟するので、開業前だけではなく開業後も本部からのサポートを受けられ、事業拡大や店舗増加を考えるときにも適したビジネスモデルといえるでしょう。

低賃金のフランチャイズ事業はさまざまあります。加盟金やロイヤリティが無料のところや、無店舗、無在庫で始められる事業もあるので詳しく調べて自分に合うフランチャイズを選んでください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00