フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズの経営が安定しやすい4つの理由!オーナーに向いている・向いていない人の特徴も解説

KNOW HOW

開業を考える方は、フランチャイズを視野に入れている方が多いでしょう。フランチャイズを検討するなら、経営の特徴を押さえておきたいところです。

そこで、こちらの記事ではフランチャイズ経営が安定しやすい理由や、向いている人・いない人の特徴について、詳しく解説していきます。

フランチャイズ経営を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。




この記事の信頼性

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.フランチャイズ経営の概要

フランチャイズとは、本部と加盟店が契約し、共同で事業を行うことです。フランチャイズ加盟店は、本部にロイヤリティ支払う必要があります。その対価として、加盟店は本部の持つ知名度やブランド力、経営ノウハウなどを利用できるものです。

ブランド力のあるフランチャイズなら、集客しなくてもお客様が来店してくれるので、出店してすぐに売上を上げることが期待できます。

2.フランチャイズで安定した経営ができる理由

フランチャイズで安定した経営ができるといわれる理由を、以下4つ紹介していきます。

  • 本部にブランド力がある
  • ニーズのある業種が多い
  • 業務に集中できる
  • 経営のアドバイスをもらえる

フランチャイズの経営の特徴を、チェックしてみてください。

1.本部にブランド力がある

フランチャイズでは、本部のブランド力を利用できます。

一般的に、ビジネスを始めようとしても、知名度がなければすぐに顧客がつくのは難しいものです。まずは販促活動を行い、名前やサービスを覚えてもらう必要があります。

しかし、フランチャイズはすでに本部の名前や商品名がブランド化しているため、売れやすいメリットがあります。初日から売上が好調というケースも多く、安定した経営が可能です。

2.ニーズのある業種が多い

フランチャイズの多くは、需要のある業種です。

例えば、コンビニやチェーン店のレストランは、よっぽどのことがなければ来店者ゼロということはないでしょう。また、介護やハウスクリーニングなどは、高齢化社会や共働き世代の増加により、近年どんどんニーズが増えているサービスです。

フランチャイズ本部には強大な情報収集力があり、市場ニーズをしっかり調査しています。さまざまな業種があるため、どれを選んでも成功するとは言い切れませんが、ほとんどは需要が高いといってもよいでしょう。

3.業務に集中できる

フランチャイズでは、商品開発や宣伝、接客マニュアルの改善などは本部が行います。お問い合わせ窓口も本部が対応してくれるケースが多いので、加盟店オーナーは業務に集中できます。

店舗の売上は自分の収入につながるため、お店の運営に力を入れられるのは嬉しいところです。新規顧客にリピーターになってもらったり、入りやすい雰囲気にしたりするお店づくりは、オーナーの仕事です。その他の雑務に追われることなく、良いお店作りに集中できるでしょう。

4.経営のアドバイスをもらえる

加盟店は、本部から経営のアドバイスをもらえるのもメリットのひとつです。たとえ経営が落ち込んだとしても、どこを改善すべきなのか客観的に判断し、最善のアドバイスをしてくれるでしょう。

フランチャイズは、これまでさまざまな店舗を見て成功事例がわかっているからこそ、具体的なアドバイスができるのです。

個人経営の場合、経営に行き詰まったとき誰かに相談するのは難しいものです。加盟店は本部からの助言をもらいながら、安定した経営を行えるでしょう。

3.フランチャイズ経営に向いている人の特徴

フランチャイズ経営に向いているのは、フランチャイズ本部と良好な関係を築ける人です。フランチャイズ加盟店は、本部から提供される経営ノウハウや接客方法を守らなければなりません。

また、フランチャイズの経営には、当たり前のことを徹底的に行う「凡事徹底」の姿勢が大切です。

その上でお店の経営が成功するよう、努力することが大切です。言われたことだけやるのではなく、ルールを守りつつ自ら考えて動ける人がオーナーに向いています。

4.フランチャイズ経営に向いていない人の特徴

本部から決められた接客マニュアルや経営方針を守ることは必須です。独自のルールを導入したり、自分で勝手に判断して経営方針を変えることはNGです。

しかし、言われたことを鵜呑みにして、指示された通りにしか動かない人もフランチャイズオーナーには不向きです。ルールを守りつつ、店舗の売上が上がるような努力をしなければ、利益を得るのは難しいでしょう。

独自のルールで好きなように経営したいのであれば、フランチャイズに加入するのではなく、個人で開業するほうが向いているといえます。

フランチャイズで成功するには普通のことをしっかりやる「凡事徹底」に努める素直さが大切です。

まとめ

フランチャイズは、安定した経営ができるのがメリットです。本部のサポートを受けながら経営できるので、初めての開業でも成功しやすいでしょう。

フランチャイズオーナーは、本部と良好な関係を築くことが大切です。本部が決めたルールを守りながら、店舗の利益が上がるよう努力していきましょう。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00