フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

コンビニフランチャイズの特徴とは?他業種との違いやメリット・デメリットを解説!

KNOW HOW

フランチャイズの業種を選ぶ際、コンビニを検討する方も多いのではないでしょうか。しかし、コンビニフランチャイズはどんな特徴があるのか、他の業種とどんなところに違いがあるのか、把握せずにいきなり加盟店になるのは不安な人も多いはず。

そこで、こちらの記事では、コンビニフランチャイズの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。フランチャイズでコンビニの経営を検討している方は、参考にしてみてください。




この記事の信頼性

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.コンビニフランチャイズの概要

フランチャイズといえば、コンビニを思い浮かべる人も多いでしょう。まずは、コンビニフランチャイズの特徴や、他業種との違いについてチェックしてみてください。

コンビニフランチャイズの特徴

コンビニフランチャイズは、24時間営業が基本です。安定した経営を行うためには、優秀な人材を確保し、シフト制を導入する必要があります。人材がしっかり確保できていれば、オーナーは店頭に立つ必要がありません。

しかし、近年のコンビニ業界は、人材不足や雇ったスタッフが定着しないなど、アルバイトを定着させるのが難しくなっているのが現状です。そのためフランチャイズ本部も、アルバイトの人材確保や育成をサポートする体制を整えています。

コンビニは品揃えが豊富なのが売りですが、その分廃棄商品も多くなります。十分な品揃えを保ちつつ、廃棄を一定量に抑えることが大切です。店内ポップや店員の声掛けなど、廃棄を増やさない努力も必要です。

コンビニフランチャイズと他業種の違い

コンビニフランチャイズの最大のメリットは、ブランド力と知名度です。本部がテレビCMなどで宣伝を行ってくれるため、集客する仕組みが整っています。ブランド力や宣伝力のおかげで、開店すればお客さんが来店してくれるでしょう。

さらに、フランチャイズパッケージが充実しているのもコンビニの特徴です。未経験でも始められる仕組みが整っています。他の店舗型フランチャイズに比べると、少ない資金で始められるのも魅力のひとつです。

コンビニは24時間営業のため、いつでも責任者と連絡が取れるよう、夫婦や親子でお店を持つことを条件にしているコンビニもあります。

2.コンビニフランチャイズのメリット

コンビニフランチャイズは、どのようなメリットがあるのか確認してみましょう。以下3つのメリットを紹介します。

  1. 流行に左右されない
  2. 日々成長を続ける市場である
  3. 他店舗展開が目指せる

コンビニフランチャイズを検討している方は、参考にしてみてください。

1.流行に左右されない

フランチャイズは、流行に乗った業種もあります。しかし、初めのうちは好調でも流行が廃れるにつれて徐々に経営が行き詰まります。

一方、コンビニは流行に左右されないので、安定した経営が可能なところがメリットです。コンビニで扱う商品は、食料品や日用雑貨など人の生活に常に必要なものばかりでしょう。

流行に左右されず、人が生活する上で必要になるものを取り扱うため、コンビニ経営は長く続けられるといえるのです。

2.日々成長を続ける市場である

コンビニは、より便利になるよう進化し続けています。例えば、プライベートブランドの充実もそのひとつです。PB商品は、品質は高く低価格に設定している商品が多く、人々の需要も高まっています。

その他、高齢者向けの宅配サービスを行ったり、調剤薬局が一体化して薬が買えるようになったりと、高齢者向けサービスを充実させた店舗が増えてきています。

人々にとってより便利に、より愛される店舗づくりを行いやすいでしょう。

3.他店舗展開が目指せる

コンビニフランチャイズは、他店舗展開が目指せるのも魅力のひとつです。コンビニ経営に慣れてくれば、複数の店舗経営が可能です。店舗を増やすのは、経営者の夢ともいえる大きな目標です。

他店舗経営するとなると、お店を任せられる店長の存在がとても大きくなります。人材育成にも力を入れなければなりません。

3.コンビニフランチャイズのデメリット

コンビニフランチャイズのデメリットも確認しておきましょう。以下3つの項目に分けて解説していきます。

  1. 優秀な人材が見つからなくても経営しなければならない
  2. 契約期間が長い
  3. ブランド力が衰える可能性がある

ぜひ参考にしてみてください。

1.人材が見つからなくても経営しなければならない

コンビニ経営は24時間365日、いつでも開いているのが特徴です。人材を確保できていれば、安定した経営が可能です。しかし、すぐに辞めてしまったり、なかなか人が集まらなかったりする場合でも、経営していかなければなりません。

万が一従業員が居なくなった場合でも経営できるよう、オーナーや家族はいつでも稼働できるように備えておく必要があります。

2.契約期間が長い

コンビニフランチャイズは、他の業種に比べて契約期間が長いのはデメリットのひとつです。どのコンビニも10年、15年などの長期契約が多いでしょう。そのため、1度始めたらすぐに辞めることはできません。

オーナーの手腕により変わりますが、商売が軌道に乗るまでの期間は2~3年かかると言われています。そのため、始めて1年程度で辞めるという決断はしないほうがよいでしょう。

3.ブランド力が衰える可能性がある

コンビニフランチャイズの強みは、本部のブランド力です。大手コンビニの名前は、誰でも知っていると言っても良いでしょう。しかし、どれほど有名な企業でも、浮き沈みはあります。

コンビニに限りませんが、フランチャイズ本部の営業方針がしっかりしていないと、ブランド力が衰える可能性もゼロではありません。コンビニフランチャイズを選ぶ場合、有名だからではなく、本部の経営方針やサポート体制が整っているかを確認することが大切です。

つまり、コンビニのデメリットは
・競争が激しい
・近隣に同ブランドだけでなく、他ブランドもどんどん出店する可能性がある。
・結果、売り上げが激変する可能性が常にある事業。
であると言えます。

4.コンビニ経営が成功するためには店の雰囲気作りが重要

コンビニ経営で成功するためには、お客様に来店してもらうことが第一です。コンビニは、年齢層に限りなく幅広い人が顧客対象です。そのため、どんなお客様にも満足してもらえる店の雰囲気づくりや接客を心がける必要があります。

経営者としてスタッフの教育に力を入れ、地域の人に愛されるコンビニ店舗を目指してみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00