フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズチェーンとは?他システムとの違いを徹底解説

KNOW HOW

「フランチャイズチェーンとは?」
「チェーン店とは何か知りたい」
「フランチャイズ側がチェーン展開する利点はある?」

近年、フランチャイズチェーン方式を利用するお店が増えてきています。コンビニエンスストアやレストラン、学習塾など、業種は多岐にわたります。

そもそも「フランチャイズチェーン」とは、何を指しているのか気になる方も多いでしょう。

今回は、フランチャイズチェーンについて、詳しく解説していきます。




1.フランチャイズチェーンとは

フランチャイズチェーン(FC)とは、親会社(フランチャイザー)が、加盟店(フランチャイジー)に対し、商標やサービス、経営ノウハウなどを利用する権利を与えることです。加盟店は、販売権利を得る代わりに親会社にロイヤリティを支払います。

チェーン展開とは、同じブランドで複数の店舗運営を行う経営形態のことです。通常は「マクドナルド〇〇店」のように、同一ブランドを地域ごとに設立します。どの地域の店舗も一定のクオリティを保ったサービスが受けられるため、顧客にとって利用しやすいのが特徴です。

大きなチェーン店は知名度があり、加盟店はそのブランド力を利用できます。また経営ノウハウや仕入れ、集客などはすべてマニュアル化されています。専門知識がなくてもお店の経営ができるので、未経験でも利益を出しやすのがメリットです。

2.フランチャイズチェーンとその他システムの違い

フランチャイズチェーンとその他システムの違い

フランチャイズチェーン以外にも、同一のマークや品揃えで営業するチェーンシステムがあります。こちらでは、3つのシステムについて解説します。

  1. 直営店(レギュラーチェーン)
  2. ボランタリーチェーン
  3. 代理店

それぞれの違いが気になる方は、参考にしてみてください。

1.直営店(レギュラーチェーン・チェーンストア)

親会社(フランチャイザー)が自ら経営する直営店舗のことを、直営店、またはレギュラーチェーン、チェーンストアなどといいます。運営や設備、雇用などは全て自社で行います。

自社で雇用する人材に店舗の運営を任せられるので、マネジメントしやすいのが特徴です。大手百貨店やスーパーマーケットは直営店の代表です。

2.ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンとは、各地の小売店が商品の揺動仕入れを目的として結成した共同組織のことを指します。フランチャイズチェーンは親会社と契約しますが、ボランタリーチェーンは、店舗のオーナー同士が自主的に結成するチームです。卸売業者が主宰することもあります。

小売店がボランタリーチェーンに加盟することにより、大量の商品仕入れが可能になるため、小規模では取引できないメーカーの商品を取り扱うことや、ロット数による価格交渉などが可能です。

経営については、各小売店の独自性が尊重されます。

3.代理店

代理店は、事業者が本部と契約し、本部が供給する商品を販売する形態のことです。一定の地域をテリトリーとし、その範囲内では独占的に販売する権利が与えられます。

同じマークで営業を行うこともありますが、本部から店舗経営についての指示は少なく自由度が高いのが特徴です。販売についての指導もほとんどありません。

3.フランチャイズがチェーン展開する目的

フランチャイズがチェーン展開する目的

加盟店がフランチャイズを利用するメリットはさまざまです。しかし、フランチャイズがチェーン展開する目的はどのようなところなのかも気になるのではないでしょうか。

こちらでは、2つの目的について解説していきます。

コスト削減のため

フランチャイズがチェーン展開すると、コストの削減になることがメリットのひとつです。チェーン展開により店舗数が増えれば、大量生産・大量買い付けが可能になるため、仕入れコストの削減に繋がります。

また、直営店だけで店舗を増やそうとするとコストが掛かるため、あまり資金のない企業は、フランチャイズ店の力を借りることにより店舗数が増やせます。店舗数が増えれば企業の信頼力を高められ、結果的に直営店が増やせる相乗効果が期待できます。

早期に出店を拡大させるため

チェーン展開することにより、フランチャイズ本部は早期に出店を拡大できるメリットもあります。スピーディに出店を拡大できれば、市場を占有するのにも効果的です。

元々規模の大きいフランチャイズの場合は、店舗数の増加により仕入れや製造・流通コストの削減が可能です。販売価格を安くしたり、利益を向上したりできるので、価格面での利点は多いでしょう。

まだ規模が小さく、これから展開していきたいフランチャイズなら、チェーン展開で店舗数を増やせば一気に知名度を上げられます。

4.まとめ

チェーン展開は、加盟店側なら親会社のブランド力を利用して店舗経営できるメリットがあります。フランチャイズ側にも、コスト削減や出店拡大などの利益アップが期待できます。

しかし、その逆もあることに注意が必要です。企業が信用を損なうことを行えば、フランチャイズ店の売上が減るでしょう。フランチャイズ店側が問題を起こすことにより、企業のイメージを損なう可能性もあるのです。

フランチャイズ本部と加盟店は、お互いに信頼関係を築いて良いビジネスパートナーになることが大切です。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00