フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズで人気の業種14選を紹介!おすすめポイントや成功の秘訣も解説

KNOW HOW

「フランチャイズはどんなお店が人気?」
「人気のある業種が知りたい」
「フランチャイズ店を選ぶポイントが知りたい」

自分でお店を持ちたいと考えたとき、フランチャイズは選択肢の1つに入るでしょう。しかし、フランチャイズにもさまざまな店舗があり、どんな業種を選んだらよいのか迷うのではないでしょうか。

そこで、こちらの記事では人気のフランチャイズ店を業種別に紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

▼動画でも解説しています。かなりわかりやすく解説していますので、ぜひご覧いただければと思います!


女性専用AIフィットネスFURDIの紹介ページ

この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.フランチャイズを始めるべき理由

フランチャイズに加盟することに不安を覚える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。フランチャイズに加盟することで未経験でも知識がなくてもフランチャイズ本部のノウハウやネームバリューを使うことができます。

つまり、最短で成功ルートを手に入れられるのがフランチャイズです。

加盟金やロイヤリティ等の支払いも発生しますが、加盟後も本部のサポートがあり安定した運営が可能です。集客はもちろんのこと、業種により人材に関するサポートもあるので採用や教育などの心配もありません。安定した運営をしたいなら、フランチャイズをおすすめします。

2.【飲食店】人気のフランチャイズ3選

飲食店で人気のフランチャイズを4つ紹介します。

  1. ラーメン店
  2. カフェ・喫茶店
  3. 居酒屋
  4. 移動販売・キッチンカー

飲食店のフランチャイズを検討している方は、店舗選びの参考にしてみてください。

1.ラーメン店

<ラーメン店フランチャイズの例>

  • ばんから
  • 麺場田所商店
  • 東麺房

自分でラーメン屋を持ちたいという夢を持っている人もいるでしょう。しかし、自分で開業するとなると、物件探しから始めなければならず、準備にかなり時間がかかります。

フランチャイズなら、客層に合わせた立地や資金調達のアドバイスを行ってくれるので、早期の開業が可能です。経営ノウハウや接客・調理などの研修制度も充実していて、開業後のスキル不足の心配もいりません。

 最大のメリットは、有名店の知名度を利用して、集客が期待できることです。個人経営となると、まずはお店の存在を知ってもらうのに時間がかかります。繁盛店なら、新規開店でも多くのお客様が来店してくれるでしょう。

 デメリットは、フランチャイズ本部が決めたメニューしか出せないことです。ブランドイメージを統一させるのがフランチャイズの基本なので、自由にメニューを考えたい人は注意が必要です。

2.カフェ・喫茶店

<カフェ・喫茶店フランチャイズの例>

  • コメダ珈琲
  • タリーズ
  • ドトールコーヒー

「カフェや喫茶店を経営したいけれど、知識がないので難しい」と考える方はフランチャイズがおすすめです。カフェを開くには、ロケーションが重要です。フランチャイズなら、成功しやすい立地を提案してくれます。

本部のブランド力を利用すれば、開店初日から多くの集客を見込めるでしょう。しかし、ラーメン店と同様、自由度は低く、自分で好きなメニューを作りたい、カフェと他サービスを融合したオリジナル店を作りたい(例:カフェ×本屋)という方には不向きです。

3.居酒屋

<居酒屋フランチャイズの例>

  • つぼ八
  • 養老乃瀧
  • 村さ来
  • 浜焼太郎

未経験でも居酒屋を経営したいと考える方もいるでしょう。しかし、個人で居酒屋を開業するとなると、準備に時間がかかります。また、開業できたとしても、無名の居酒屋は店の雰囲気や価格などがわからず、初めて入店するには躊躇してしまうお客さんも多いでしょう。

その点、フランチャイズは他店舗との差がそれほどないため、利用したことのある人は気軽に来店できます。また、飲食業の経験や難しい調理技術がなくても開店できるのがメリットです。

特に居酒屋はメニューが多く、新鮮な魚をはじめとする材料の仕入れが重要です。フランチャイズなら安定して食材を仕入れられるため、材料の手配に関する心配はいらないでしょう。

居酒屋は店舗のジャンルが幅広いため、開業にかかる費用もそれぞれです。用意できる資金に合わせて最適な店舗を選ぶことが大切です。

4.移動販売・キッチンカー

<移動販売・キッチンカーフランチャイズの例>

  • ライフデリ
  • ジェリーズポップコーン
  • 街角カフェ
  • 空とぶからあげ

 街角でよく見かけるキッチンカーを見かけて自分もやってみたいなと思った方もいるでしょう。気軽にスタートできるイメージがあるかもしれませんが、個人でキッチンカーを制作したり、商品開発や仕入れなどの手配をしたりなどゼロからスタートするのは大変です。

しかし、フランチャイズに加盟をすればキッチンカーの手配やフード、ドリンクのレシピもそのまま活用できます。さらに、集客しやすい出店場所のサポートもしてくれるので安心です。

独自のメニューでキッチンカーを運営したい場合には開業サポートのみのフランチャイズもあるので、自分で売りたいフードやサービスでの運営が可能な業種でもあります。

3.小売店:人気のフランチャイズ3選

【小売店】人気のフランチャイズ2選

小売店の経営をしてみたい方に、人気のお店を3種類紹介します。

  1. コンビニエンスストア
  2. 買取・リサイクル
  3. 無人販売店

どんなお店を選んだら良いか迷う方は、参考にしてみてください。

1.コンビニエンスストア

<コンビニエンスストアフランチャイズの例>

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

コンビニエンスストアのフランチャイズは、安定した経営を行えることがポイントです。ブランド力や知名度があり、開店すればお客さんが来店してくれます。テレビCMや広告など、大々的に宣伝を行っていることもあり、継続的な集客が見込めます。

他の業種よりもフランチャイズのパッケージが整っているため、未経験でも始めやすいでしょう。中には家族経営を開業の条件としている店舗もあります。コンビニエンスストアの種類により経営方針は異なるので、自分が持ちたいお店を実現できるフランチャイズ店を選んでみてください。

2.買取サービス・リサイクルショップ

<買取・リサイクルフランチャイズの例>

  • おたからや
  • 銀座パリス
  • キングファミリー
  • 大黒屋

買取・リサイクルは、比較的リーズナブルな金額から店舗を持てるのがメリットです。また、店舗数が拡大しているので、これからの成長が期待できる業種といえます。

ただし、ネットオークションやフリマアプリも拡大しているので、これからの動向に注目する必要があります。

買取・リサイクルショップを選ぶ際は、店舗数が多い本部を選択すると良いでしょう。無名の店舗の場合、グレーな経営をしているところもあるためです。

 しかし、店舗数が増えすぎると店舗間での競争が激化し、飽和状態になるリスクがあるので注意が必要です。

3.無人販売店

<無人販売店フランチャイズの例>

  • 株式会社Japanplanning
  • おウチdeお肉
  • 株式会社ハッピーツリー

空きスペースや店舗があればすぐに省スペース・少額でスタートできるのが無人販売です。

最近では、餃子やお弁当の無人販売店舗やラーメンなどの自動販売機をたくさん見かけるようになりました。無人販売はどんどん市場を広げています。

品出しや店舗清掃の必要はありますが、無人販売なので終日店舗に常駐したり、人を雇用したりしなくても営業できるため副業としても参入可能な業界です。また、24時間営業も対応できるので、購買意欲のあるお客様を逃すことはありません。

管理が簡単で、軌道に乗れば複数の無人販売を運営することもできます。複数の事業のオーナーになりたい場合は無人販売がおすすめです。

4.サービス業:人気のフランチャイズ7選

フランチャイズにはサービス業も数多くあります。こちらでは人気のある業種を7つ紹介します。

  1. ジム・フィットネス
  2. 介護
  3. レンタカー
  4. ハウスクリーニング
  5. 学習塾
  6. 結婚相談所
  7. セルフエステ

サービス業にはどんなフランチャイズがあるのか、チェックしてみてください。

1.ジム・フィットネス

<フィットネスフランチャイズの例>

  • ファディー
  • アルペンクイックフィットネス
  • 24時間フィットネスクラブ
  • パーソナルジムAid

ジムを個人で経営しようとしても、未経験ではなかなか難しいでしょう。開業に必要なものがわからず、とりあえず器具を買い揃えようとすると、資金が高額になる可能性があります。また、個人経営のジムは集客が難しく、収益が発生するまでに時間がかかるケースもあります。開業しても収入が安定しないと、赤字経営になってしまうでしょう。

 フランチャイズに加盟することにより、成功事例を参考にできるため、開業資金がオーバーしたり、集客に失敗したりするリスクは低下します。

最近では、女性用のフィットネスや、パーソナルトレーニングジムの需要が高まっています。顧客ターゲットを女性に絞ることで、地域密着型の運営が可能です。

ファディーでは、最新のAI技術を活用し、無人の営業を可能にしています。AIの導入により、人件費を抑える効果もあり、年中無休でも営業利益を伸ばしています。

2.介護

<介護フランチャイズの例>

  •  フレアス在宅マッサージ
  • 土屋訪問介護事業所
  • ルーツ

介護事業を個人で開業しようとすると、さまざまなハードルが立ちはだかります。介護事業には、行政が提供するサービスという側面があり、各種法制度が存在します。そのため、開業するにはさまざまな手続きが必要です。

フランチャイズを利用することで、まず膨大な事務処理をサポートしてもらえるのがメリットです。さらに、本店のブランド力を利用できるので、信頼や安心感を与えられます。

介護事業を個人で開業しても、利用者が確保できず倒産してしまうケースもあるため、フランチャイズの知名度を利用できれば、成功する確率は格段にアップするでしょう。

ただし、他店の不祥事により風評被害を受けると、イメージアップさせるのには苦労します。また、独自のサービスを提供しにくいのは、デメリットのひとつです。

3.レンタカー

 <レンタカーフランチャイズの例>

  •  24レンタカー
  • ニコニコレンタカー
  • ガッツレンタカー

レンタカーは成長している業界のひとつです。フランチャイズなら、大手レンタカーのノウハウを活かして事業を行えます。レンタカーの経営は、車両の調達、トラブル時の対応、車両の維持管理など、知識がなければ難しいですが、フランチャイズの業務フローがあれば安心でしょう。

また、大手チェーンは信頼性や認知度が高く、顧客獲得の効果が見込めます。レンタカーを経営するには、利用者の安全性やコンプライアンスなども重要です。フランチャイズに加盟することで、安全管理や法制度を守る態勢を構築できるのもメリットです。

4.ハウスクリーニング

<ハウスクリーニングフランチャイズの例>

  •  おそうじ本舗
  • ダスキンサービスマスター
  • 日本ハウスクリーニング協会

ハウスクリーニングは、急成長を続ける業種です。高齢化社会による高齢単身者世帯の増加や、女性の社会進出による共働きの増加などにより、ハウスクリーニングの需要が増えています。 

ハウスクリーニングは、お客様の信頼が大切な要素です。知名度が高く、ノウハウが用意されているフランチャイズを利用することで、たとえ未経験でもきちんと事業を始められます。

掃除が好き・得意というだけで個人店を持つのはなかなか難しいので、フランチャイズを利用するのが事業成功への近道です。 

5.学習塾

<学習塾フランチャイズの例>

  • 個別指導塾トライプラス
  • 個別指導Axis
  • 完全個別指導塾 「松陰塾」
  • 個別指導塾「スクールIE」

塾は認知度が重要です。無名の塾を立ち上げても、まず集客に苦労するでしょう。フランチャイズなら知名度があるため、新規に開校しても安心感を与えられるのがメリットです。

また、学習塾で使用する教材は一括仕入れが可能なため、資金を押さえられます。

学習塾は生徒の募集、退塾しないための対策、成績を上げる方法、また個人情報の管理も重要な仕事です。フランチャイズならこれらのノウハウが用意されているので、経営に悩むことはないでしょう。

ただし、授業料は本部で設定しているため、独自に値引きするなどは自由にできないのがデメリットといえます。

6.結婚相談所

<結婚相談所フランチャイズの例>

  •  株式会社IBJ
  • ライフスタイルソムリエ
  • NOZZE(ノッツエ)
  • 結婚相談所JMC(ジェイ・エム・シー)

少し前は隠れて利用している方も多かった結婚相談所ですが、現在は結婚相手を探す1つの場所として気軽に利用されています。そのため若い世代から高齢者まで入会希望者がいるので、これからますます活発化する業界の1つです。

フランチャイズに加盟することで本部のノウハウや情報管理システムなど利用ができ、出会いまでの流れやその後のフォローなども初心者でも迷いなく対応できます。

また、副業として週末だけ運営するなど小規模でスタート可能なシステムを持つ本部も多数あるので、ご自身のライフスタイルや希望収入に応じた働き方もできるのも魅力の1つです。

結婚相談所は他のフランチャイズ業界と比べて加盟金やロイヤリティが少額であることが多く、特別な設備(店舗や備品)も必要がないため初期投資も少なくスタートできます。

7.セルフエステ

<セルフエステフランチャイズの例> 

  • MYTHEL(ミセル)
  • BODY ARCHI
  • VICTORIA

セルフエステは、「通常のエステは高くて行けない」と諦めていた多くの世代から支持を受けて、現在人気がある業界です。実際にお客様ご自身がエステマシンを使用してお手入れをするので、経験や知識がなくても参入できます。

フランチャイズなら、体験から本申し込みのクロージング方法や集客方法についてのノウハウがあるので、安定した運営ができます。また、セルフエステは月額制が多く毎月決まった金額が継続して収入として手に入るため、初期費用の早期回収も夢ではありません。

ただし、エステマシンが古かったり使いにくかったりすればお客様は利用してくれません。エステマシンが故障した際などには本部がどのように対応してくれるか、事前に確認が必要です。

5.業種別!フランチャイズを成功させる秘訣

フランチャイズを成功させる秘訣について、以下3つの業種について解説したいと思います。

  1. 飲食店
  2. 小売店
  3. サービス業

是非参考にしてください。

1.飲食店

飲食店は店舗の準備や設備費を含め、比較的初期投資が掛かる業種です。また、食材の仕入れや人件費、毎月の家賃や光熱費などのランニングコストが必要となります。

利益を残すために売り上げとランニングコストのバランスを常に意識し、希望の利益を残すための毎月の売り上げ目標や回転数、客単価などしっかり数字で管理をしていくことが必須です。

2.小売店

フランチャイズの小売業といえば、代表されるのが「コンビニエンスストア」です。

コンビニエンスストアはマニュアルがしっかりしているため制約は厳しいですが、経営しやすいのがメリットです。本部からのサポートは手厚いと言われていますが、その反面本部からの管理や制約もあるので、経営の自由度は低くなるかもしれません。

また、手厚いサポートがある分、毎月のロイヤリティの支払いがあります。しかし、フランチャイズに加盟することによってネームバリューが効くので集客も早い時期から見込めるなどのメリットがあるのも事実です。

現在はコンビニエンスストアの店舗数が増え続けているので、安定した顧客の確保が運営での大きな課題となりますので、加盟の際は立地条件や顧客・売り上げ予測など本部に充分な確認をしてください。

3.サービス業

サービス業にはさまざまな業種がありますが、今後活発化しそうなジム・フィットネス業界について紹介します。ジム・フィットネス業界は、若い世代だけでなく高齢者向けのサービスを導入することで利用者が増えている業界です。

トレーニング施設やトレーニング器具の準備などが必要になるため、開業資金は比較的高い業種といえます。規模が大きくなれば従業員(トレーナー)・受付などの人件費や、シャワー施設などで水道代などの光熱費も必要になってくるでしょう。

まずは、マンションの一室を借りて一人でスタートさせるなど、急激な投資はせず一歩ずつステップアップしながら規模を大きくすることが成功の秘訣です。

まとめ

フランチャイズには、さまざまな人気の業種があります。どのようなお店を持とうか迷う方は、まず大まかに飲食店・小売店・サービス業のどれにするのか決めると良いでしょう。

フランチャイズを選ぶメリットは、お店の持つ知名度やブランド力を利用できることが挙げられます。しかし、人気があっても店舗が多すぎると他店がライバルになることもあります。

まずは人気のフランチャイズをチェックし、どれくらいの規模感なのか確認してみるのがおすすめです。フランチャイズを利用して、お店を持ちたいという夢を叶えてみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00