フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

アーリーステージと成熟したチェーン、FC加盟の最適なタイミング

KNOW HOW

アーリーステージと成熟したチェーン、FC加盟の最適なタイミング

よくフランチャイズをご検討される方々から、「フランチャイズに加盟する適切なタイミングはありますか?」という質問を受けることがあります。この質問の意味は、スタートを切ったばかりのアーリーステージのフランチャイズチェーンに加盟するのと、既に全国展開していて、誰もが知っているブランドを持っている成熟したFCチェーンに加盟するのでは、どちらが正しいでしょうかというものです。

回答としては、初期の加盟であっても、後からの加盟であっても、一長一短がありますので、「検討者が確信を持ったときが適切な加盟どき」が一般的な答えだと思います。しかし、多様な業態かつ企業規模の様々なフランチャイジーを見てきた弊社としては、リターンという視点を中核に考えた場合には、やはりアーリーステージのFCチェーンに参画する方が良いと考えています。

■アーリーステージでの加盟を推奨する理由

一番の理由としては、フランチャイズ(業態)においても、製品ライフサイクル(Product Life Cycle:製品が導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階を経るという理論)の考え方が当てはまると考えているためです。そのため、取り組みたい地域での複数の加盟店が実績を出してから取り組もう、と様子ばかりを見ていると、いざ加盟、出店しようとする際には、その市場は成長期を超えて成熟期や衰退期に差し掛かり、参入タイミングを逸していることが多いように見受けられます。

私の仕事柄、小売り、飲食、サービスなどなど多岐に渡る業態の加盟店の多くの経営者と交流を持たせて頂いておりますが、実際に早いタイミングで加盟された方の店舗の方が収益性高く多店舗展開もされ成功されていることが多く、一方、後発で加盟された方はその逆で苦戦されている傾向にあります。

そのため、そのフランチャイズの属するマーケットそのものがどのステージにあるのか、今後マーケット自体がどう成長していくのか、という視点が重要だと考えます。業界と市場の調査分析については、こちらをご参照ください。

業界(マクロ外部環境)・市場環境分析レポート

次に、アーリーステージでの加盟で有利な点として、地の利のあるエリア、土地勘のあるエリアを選べることが挙げられます。フランチャイズ本部の多くはエリア制度(呼び方は色々あります)を採用しております。エリア制度とは、いち加盟契約ごとに、その加盟店に対して特定地域で事業展開できる権利を付与する考え方であり、言い換えれば、ある種の、そのFCチェーン内における保護されたマーケットとも言えます。そのため、早期加盟することで、成功確率の高いマーケットを抑えることができます。

一方、FCチェーンが広がった後での加盟となると、エリアの選択の余地が少なく残されたエリアが魅力的ではない地域である、希望の地域では取り組めない、ということが多々あります。

最後に、早期加盟店の方が加盟金やロイヤルティが安く、後発の加盟店は加盟金やロイヤルティが高い(増額されている)ケースが多く、開業時の初期投資やランニングコストが重くなり収益性が低くなりがちだからです。

何故、後発加盟店の加盟金やロイヤルティが初期加盟店に比べ増額されているかというと、一定規模になるまでフランチャイズ本部は、加盟金をFCチェーン全体としてより競争力を築くために、商品開発、システム構築、組織づくり、店舗数の増大など、への投資に回していきます。つまり、アーリーステージの加盟店は、本部の直営店や既存加盟店で蓄積された成功ノウハウを購入するだけではなく、フランチャイズ本部への投資という意味合いもあります。初期加盟店は本部と共にその業態をよりブラッシュアップさせるための研究開発を行うパートナーでもあるのです。
(本題から少しずれますが、加盟金のディスカウントを安易に行う本部は、経営戦略無く中長期的な視点でチェーン作りのための投資計画がない可能性が高いと判断する一つの目安となりますので、ご参考にして頂ければと思います。)

一方、後発の加盟であればあるほど、実績(ノウハウ)は初期加盟店と比較すると蓄積され、場合によってはブランド力もついた状態ですので、その付加価値分が、後発加盟店の加盟金やロイヤルティの増額に反映されているのです。

しかしながら、先述した魅力ないエリア(マーケット)のハードルを解消するだけのノウハウやブランド力があれば良いのですが、交流あるフランチャイジー経営者のお話からすると、現実的には難しいため、加盟金とロイヤルティの増額分がそのままコストへ反映され収益性が低くなるようです。

以上、アーリーステージでのFC加盟を推奨する私の考えを書かせて頂きましたが、早ければ何でも良いというわけではございません。アーリーステージのフランチャイズ本部では実績面で足りないこともあるため、その分、業態や本部の見極めが非常に重要となってきます。

その見極め方の詳細については、関連レポートを参考にして頂きたいと思います。

弊社ATカンパニーとしても、引き続き、皆様に代わって見極めを行い、有望フランチャイズをご提案することで、価値を提供していきたいと考えております。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00