フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズでジムを経営するメリット5つ!目的別の選び方も紹介

KNOW HOW

健康への意識が高まり、ジムやフィットネスクラブなどの施設が増えてきています。多くのジムでは、フランチャイズ経営を行っています。ジムのフランチャイズ経営を考える方は、「未経験でも経営できるのか」「どんな本部を選んだら良いのか」迷ってしまうでしょう。

そこで、今回はジムをフランチャイズ経営するメリットや成功するためのコツ、選び方などについて詳しく解説していきます。




この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.ジムフランチャイズの特徴

ジムフランチャイズの特徴

フランチャイズを展開するジムは多く、さまざまな形態があります。そのため、選択した本部によりオーナーの業務内容は異なります。

例えば、パーソナルトレーニングジムならオーナー1人で運営することが可能です。大規模なスポーツジムなら、会員とのやり取りはスタッフに任せてオーナーは売上管理やスタッフの教育に力を入れることもできます。

開業に必要な資金は、小規模・大規模で大きく異なり500万円~1,000万円とかなりの差があります。トレーニング機材などの設備を整えるのに費用がかかるので、他のフランチャイズ経営に比べると、初期費用は高い傾向です。

2.フランチャイズでジムを経営するメリット4つ

フランチャイズでジムを経営するメリット4つ

フランチャイズでジムを経営するメリットを4つ紹介していきます。

  • ストック型ビジネスのため安定収入が期待できる
  • 本部の認知度を活用して集客が見込める
  • 本部のフォローがあるので経営に集中できる
  • フィットネスの専門知識がなくても経営できる

フランチャイズでジムを経営しようと考える方は、参考にしてみてください。

1.ストック型ビジネスのため安定収入が期待できる

ジムの開業は、安定収入が期待できるのがメリットのひとつです。1回の来店でリピーターを増やすのが難しいサービス業と違い、ジムは会員制ビジネスなので、1度会員を獲得できれば毎月一定の収益が得られます。

また、ジムには顧客に合わせたプランが用意されているので、さまざまな層が顧客になりやすい特徴があります。プランの内容や価格は本部により決められているので、初めての経営でも迷うことはないでしょう。

2.本部の認知度を活用して集客が見込める

フランチャイズのジム経営は、本部のネームブランドを活用できるので、集客しやすいのが特徴です。特に競合の多い地域では、個人ジムを立ち上げても、来店してもらうまでに苦労します。一方、全国展開していて誰しも聞いたことがあるジムなら、お客様も安心して来店できます。

また、フランチャイズ契約することにより、本部が好条件の立地を探してくれることも。出店するだけで顧客を獲得しやすいのはかなりのメリットといえるでしょう。

3.本部のフォローがあるので経営に集中できる

フランチャイズ経営は、本部のフォローを受けながら経営できます。ジムの経営には、さまざまなバックオフィス業務が発生します。

例えば、

・休会中の会員にDMを送る
・支払いが確認できない会員に催促する
・体験後の入会手続き

など。フランチャイズでは、これらの細かい業務がマニュアル化されていたり、会員管理システムにより自動化されたりしているので、オーナーはジムの経営に集中できます。また、バックオフィス業務を行うスタッフを最小限に抑えられるので、人件費の削減にもつながります。

4.フィットネスの専門知識がなくても経営できる

一般的に、ジムの経営にはフィットネスの知識が必要です。しかし、フランチャイズ契約を結べば、未経験でもすぐに運営できます。

ジムの経営に必要な器具の知識や経営ノウハウなどは、すべて本部から提供されます。個人開業で知識がないまま器具を買い揃えようとすると、最低限必要なものがどれかわからず、「とりあえず必要になりそうなものはすべて購入しておこう」と考えます。結果的に初期費用が莫大になり、経営が苦しくなる恐れがあります。

知識無しでジムの経営を考えるなら、フランチャイズでスタートするのがおすすめです。

3.ジムフランチャイズで成功するためのコツ

ジムフランチャイズで成功するためのコツ

ジムフランチャイズで成功するためのコツを3つ紹介します。

  • 人気の高いジムの傾向を調べる
  • 地域性や年齢層を調査する
  • 設備や接客の質を高める

ぜひ参考にしてみてください。

1.人気の高いジムの傾向を調べる

ジムにはさまざまな形態があります。どんなジムが人気なのか、しっかりリサーチすることが大切です。

例えば、

・総合ジム:筋トレマシン、スタジオ、プールなど、目的別に利用できる
・パーソナルジム:1対1のパーソナルトレーニングに特化
・女性専用ジム:女性が気兼ねなく通える
・ブティックジム:特定のトレーニングに特化した小規模ジム
・コンビニジム:365日24時間いつでも使える。月会費が安い

など。地域との相性もあるので、出店したいエリアはどのようなジムに需要があるのかしっかりリサーチすることが大切です。

2.地域性や年齢層を調査する

ジムを利用する人は、若者から高齢者まで幅広いのが特徴です。しかし、地域によってどんな会員層が来店しやすいのか異なります。例えば、

・オフィス街・・・会社帰りのサラリーマンやOLがターゲット→夜のプロフラムを充実させる
・郊外や住宅地・・・近所に住む主婦や年配者がターゲット→昼のプログラムを充実させる

など、地域性や会員の年齢層により需要のあるジムは異なります。ジムの形態を決める前に、地域性をチェックするのがよいでしょう。

3.設備や接客の質を高める

トレーニング機器の衛生面に考慮したり、丁寧な接客を行ったりすることはとても重要です。ジムはキャンペーンなどで入会者を増やしやすいのが特徴ですが、継続的に利益を得るためには退会者を減らすことが大切だからです。

会員が気持ちよくジムを利用できるよう配慮すれば、ライバル店と差別化を図ることが可能です。顧客に長く利用してもらえるジム作りを目指していきましょう。

4.ジムフランチャイズの選び方

ジムフランチャイズの選び方

ジムフランチャイズの選び方を3つ紹介します。

  • 副業で小さく始めるならパーソナルジム
  • 運営を自動化するなら24時間ジム
  • 高収入を目指すならAIフィットネス

ジム選びの参考にしてみてください。

1.副業で小さく始めるならパーソナルジム

開業のリスクを減らして小さく始めたいなら、パーソナルジムがおすすめです。トレーナーの資格や経験があれば、自宅で開業することも可能です。

大規模ジムに比べると開業資金や人件費などがかからないので、利益率は高いと言えるでしょう。

2.運営を自動化するなら24時間ジム

運営を自動化して利益を出すなら、24時間ジムがおすすめです。設備が整っていれば、無人でも経営が可能。深夜しか利用できない人や、なるべく人が少ない時間に利用したい人もいるので、さまざまな顧客を獲得しやすいのがメリットです。

自動化するには、自動チェックインシステムや防犯システムが必要なので、ある程度初期費用がかかります。しかし、人件費が抑えられるので利益率は高いでしょう。

3.高収入を目指すならAIフィットネス

AIフィットネスは、AI(人工知能)を活用した次世代型のパーソナルジムです。AI機器の導入により「パーソナルトレーニング」「24時間フィットネス」「小規模サーキットトレーニグ」3つの要素を備え、対象顧客の幅が広がります。

無人でも年中無休の営業が可能なので、人件費を抑えられます。トレーナーの人材不足で経営に悩むことはないでしょう。さらに、大きなマシンが必要なく、省スペースで出店できるので、低資金で開業したい方にもおすすめです。

5.まとめ

ジム経営は、フランチャイズを選べば未経験でも始められます。機器を買い揃える必要があるため、初期費用は高くなります。フランチャイズ本部にどんな機器を購入すればよいのかアドバイスを貰えるので、不必要なものを購入してしまうリスクは避けられます。

ジムにはさまざまな形態があるので、出店する地域や年齢層に合わせて最適なタイプを選ぶことが大切です。また、本部によって経営方針がかなり異なるので、いろいろなフランチャイズを比較して自身に合うものを選んでみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00