フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズは副業から始められる!おすすめジャンル3つを紹介

KNOW HOW

副業を始める人が増えている中で「フランチャイズ経営を副業で始めたい」と考える方もいるでしょう。副業にはさまざまな方法がありますが、安定した経営を目指すなら、フランチャイズはおすすめです。

しかし「フランチャイズ経営は難しそう」「副業では無理なのでは」と考えて、なかなか一歩を踏み出せない人もいるでしょう。そこでこちらの記事では、副業でフランチャイズを始めるメリット・デメリットやおすすめのジャンルについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。




この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.副業でフランチャイズを始める3つのメリット

副業でフランチャイズを始める3つのメリット

副業として店舗経営を考える方もいるでしょう。しかし、ひとりで1からお店を立ち上げるのは難易度が高く、副業で行うには困難です。もし、副業で開業を考えるなら、フランチャイズがおすすめです。

副業でフランチャイズを始めるメリットを3つ紹介していきます。

  • 本部からのサポートを受けられるので稼ぎやすい
  • 本業と並行できる
  • 低リスクで開業できる

まずはどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

1.本部からのサポートを受けられるので稼ぎやすい

フランチャイズは、本部がビジネスの基盤を構築し、利益が見込める確証を得てからフランチャイズ展開を行っています。そのため、本部のサポートを受けながら経営できるメリットがあります。

本部のノウハウを活かせるので、しっかりとした基盤で副業ビジネスをスタートできるでしょう。

2.本業と並行できる

フランチャイズの副業は、週末だけ経営する、経営は人に任せる、などの形態もあり本業と並行して行えます。本業とは別にフランチャイズ開業を行えば、多くの収入が見込めます。また、万が一フランチャイズで赤字が出たときにも、本業から補填できます。

フランチャイズ経営は、本部のサポートを受けながら経営ができるので、個人開業よりも低リスクです。また、フランチャイズは軌道に乗るまで時間がかかるので、しばらく副業で様子を見て、売上が安定してきたら本業にシフトするという方法も可能です。

3.少ない資金で開業できる

フランチャイズを活用すれば、少ない資金で始められます。

一般的に、自分のお店を持とうとすると、建物代や建物代、備品代などさまざまな初期費用がかかります。しかしフランチャイズ経営なら、本部から備品を支給してもらったり、安く仕入れるルートを使わせてもらったりできるので、初期費用を抑えることが可能です。

もちろん、開業するにはある程度大きな資金がかかるものです。しかし、個人開業よりも経済的な負担は少なく失敗するリスクも低いので、資金を無駄にしてしまわないか不安な方はフランチャイズを活用するのがおすすめです。

2.フランチャイズで副業を行うデメリット3つ

フランチャイズで副業を行うデメリット3つ

副業でフランチャイズを選ぶデメリットも確認しておきましょう。以下3つの項目に分けて解説していきます。

  • 加盟金やロイヤリティが発生する
  • 本部のルールに従う必要がある
  • 契約期間が設けられている

どんなところがデメリットなのか、チェックしてみてください。

1.加盟金やロイヤリティが発生する

フランチャイズは、本部が持つネームバリューや経営ノウハウなどを利用できます。その代わり、加盟店側は最初に加盟金を支払う必要があります。それに加えて、利用料として「ロイヤリティ」を毎月支払わなければなりません。

初期費用を抑えたいなら、加盟金が不要なところや、売上実績によってロイヤリティが変動する制度を導入しているところを選ぶのがおすすめです。

2.本部のルールに従う必要がある

フランチャイズの加盟店になると、本部の定めたルールに従う必要があります。これは、ブランドの品質を一定に保たなければならないからです。

例えば、飲食店でオリジナルのメニューを出したり、自由に価格を設定したりすることは難しいでしょう。しかし、その分本部のブランド力により一定の集客が見込めるので、デメリットばかりではありません。

3.契約期間が設けられている

フランチャイズに加盟する場合、契約期間が設けられています。途中解約しようとすると、違約金が発生するため注意が必要です。
例えば、経営が上手く行かなくなったからといって廃業しようとしても、違約金が発生し、かなりの損失を受ける可能性があります。

フランチャイズ契約する場合、契約期間をチェックすることはとても重要です。

3.副業フランチャイズにおすすめのジャンル3つ

副業フランチャイズにおすすめのジャンル3つ

フランチャイズ経営を副業で行うなら、どんなジャンルを選べばよいのか迷うでしょう。こちらではおすすめジャンルを3つ紹介していきます。

  • アドバイザー型
  • 投資型
  • 実務型

フランチャイズ選びに迷う方は、参考にしてみてください。

1.アドバイザー型

アドバイザー型のフランチャイズは、特別な設備が必要ないところがポイントです。お店を構えなくて良いため、費用を抑えた経営が可能です。在宅でも、インターネットを利用してスタートできます。

主な仕事内容は、悩み相談を受け最適なアドバイスを行うものです。例えば、
・結婚相談所
・コンサルタント
などがあります。

日中仕事で忙しい人がターゲットとなるので、就業後、夜の時間帯や週末などにサービスを提供できます。本業に支障が出ることはないでしょう。

2.投資型

投資型フランチャイズは実務を行わず、資金を出資したら本部に運営を任せるスタイルです。出資したあとは本業に集中できるので、副業にぴったりです。

投資型フランチャイズの例は、
・コインパーキング
・トランクルーム
・コインランドリー
などがあります。

他の業種に比べると、売上金が発生するまでに時間がかかりますが、長期的に見ると安定収入が見込めます。地域への貢献度も高いフランチャイズの形態です。

3.実務型

実務型フランチャイズは、自身で実際に業務に就くスタイルです。スキルを活かしたい、空いた時間に副業したいという方におすすめです。また、他の「アドバイザー型」や「投資型」よりもパッケージがしっかりしていてスタートしやすく、人気があります。

実務型フランチャイズの例は、
・ハウスクリーニング
・リペア
・買取業

など。未経験でも研修が充実しているので、何をすればよいのか戸惑うことありません。お客様から感謝されたり、リピーターになってもらえたりするので、やりがいを感じられるでしょう。

4.まとめ

フランチャイズは副業にもおすすめです。副業から小さく始めることで、リスクを抑えた経営が可能です。副業に向いているフランチャイズはたくさんありますが、本部の経営方針などにより運営方法が大きくことなるので、しっかり比較することが大切です。

副業でフランチャイズ経営を始めたい方は、本業と相性のよい業種を選んでみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00