フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

FC成功ノウハウ

KNOW HOW

ストックビジネスとフロービジネス

フランチャイズ加盟時の注意点フランチャイズの基礎知識

フランチャイズを選定する際に、着目すべき視点がいくつかありますが、今回は収益のあげ方に着目して、解説したいと思います。
事業において、収益のあげ方には、大きく分けて2つの視点があります。
それはフロー収入(ビジネス)とストック収入(ビジネス)です。

フローとは流れと言った意味です。
フロー収入、フロービジネスとは常に顧客との関係は継続的ではなく、都度顧客と関係を築き、その時々に応じて収益をあげて行くスタイルです。

一般的なビジネスのほとんどがフロービジネスのスタイルです。
フランチャイズであれば、外食事業やコンビニエンスストアなどの小売り業が代表的な例となります。

一方で、ストックとは蓄積を意味します。
ストック収入、ストックビジネスとは蓄積型の売上、収入構造を持ったビジネスの事を指します。顧客を囲い込み、持続的にサービスを提供しながら長期的に収入を上げて行こうという考え方です。
具体的には会員ビジネスがそれにあたります。
一定の会員数を確保してしまえば、安定的な収入、収益を見込む事が出来るのがストックビジネスの特徴です。フランチャイズビジネスで言えば、例えば、塾事業やフィットネス事業が代表的です。

また、宅配関連事業はストックビジネスの側面を持ったフロービジネスとも言えます。
どちらのビジネススタイルが良いと言う訳ではなく、どちらのスタイルにも一長一短があることを理解しなければなりません。
自社の事業ポートフォリオを考える場合には、これらのビジネスをバランス良く取り組む事が安定的な収入、収益を上げる上で重要な視点になります。

フロービジネスは比較的、展開当初から売上が上がる可能性が高いです。
一方ストックビジネスは顧客を獲得し、蓄積するまでに、比較的時間を要する可能性があります。

ストックビジネスで注意すべきは、損益分岐点を超えるまでにどれだけの期間を要するのか? またそれまでにどれだけの費用がかかるのか? と言った点を考慮すべきです。
損益分岐点を超えるまでに必要とする販売促進費は初期投資に考慮されているのか? されていない場合にはそれを含めた資金を用意するなど、しっかりとした事前準備が必要です。
よって、ストックビジネスは一旦損益分岐点を超えれば、安定した収益が見込めますが、それを実現するまでに期間とコストが掛かる事を十分に考慮しなければなりません。

フロービジネスの場合には、ストックビジネスに比べれば、短期的に売上を上げる事が可能かもしれませんが、顧客との関係が不安定なため、一旦、損益分岐点を超えたとしても、様々な内的、そして外的要因により収入、収益が左右される可能性があります。

これらの特徴を踏まえ、自社の事業ポートフォリオを見直し、自社の戦略に沿った事業ポートフォリオを組まれる事をお勧めします。

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00