フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズで儲かる確率はどのくらい?経営の注意点や成功しているオーナーの特徴などを紹介

KNOW HOW

フランチャイズへの加盟を検討している方は、儲かる確率が気になりますよね。具体的な数値を提示することは難しいですが、廃業率から確認できます。

本記事では、フランチャイズで儲かる確率や、儲かる確率が高いオーナーの特徴、フランチャイズのメリット・デメリット、儲かる確率を高めるポイントを紹介します。フランチャイズ加盟の検討方法がわかりやすくなるため、ぜひ参考にしてください。

女性専用AIフィットネスFURDIの紹介ページ

この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.フランチャイズで儲かる確率は?


フランチャイズで儲かる確率を、具体的な数値で表現することは困難です。フランチャイズオーナーにより「同じ業種であっても儲かる方と儲からない方がいる」「オープンした立地によって売り上げが左右される」など、さまざまな要因があるからといえます。

とはいえ、廃業率をチェックすると儲かる確率を予想できます。たとえば、廃業率が3%のフランチャイズは継続率が97%です。

ただし、上記の97%に当てはまるすべての事業が儲かっているわけではありません。赤字であっても経営を持続できるほどの資金を持っているオーナーが含まれている場合もあるでしょう。フランチャイズは実際にやってみないとわからないといえます。

2.フランチャイズで儲かる確率が高いオーナーの特徴


フランチャイズで儲かる確率が高いオーナーの特徴を4つ紹介します。

  1. 目標値・明確なプロセスがある
  2. 本部のノウハウを活かし独自に工夫できる
  3. 顧客視点で経営できる
  4. 本部・店舗従業員と良好な関係が築ける

以下より、詳しく解説しますので見ていきましょう。

1.目標値・明確なプロセスがある

フランチャイズで成功する方の共通点は、開業時にしっかりとした目標値を立てていたり明確なプロセスを持っていたりすることです。目標達成に向けて「何をすべきか」「何が不足しているのか」などを理解している方は、プロセスに意味と価値があり、無駄がありません。

たとえば、ビジョンで成功はお金を稼ぐことと掲げた際、1年間で売り上げ1,000万円を目標にして、半年でリピート率50%を目指すといったプロセスを考えられます。ビジョンがはっきりしていると、リピート率50%の達成において店舗利用者にアンケートを実施し、内容を改善に活かすといったやるべきことを明確にできます。

目の前の仕事をこなすだけではなく、将来の目標を達成するために日々の業務を行うことは、重要な要素といえるでしょう。

2.本部のノウハウを活かし独自に工夫できる

本部のノウハウを活かし、独自に工夫できる方が成功しやすいといえます。本部から提供されるノウハウを素直に受け止め、真意を理解して実践しつつ、独自の工夫を組み合わせることで成功確率を向上できます。

また、素直に話を受け止められる方の周りには協力者が集いやすく、困難に陥った際に支援してもらえるでしょう。コミュニケーションをスムーズに取る際にも素直さは強みになります。

3.顧客視点で経営できる

顧客視点で経営できるフランチャイズオーナーは成功している傾向です。顧客から求められていることを察知し、顧客視点でのサービスを提供できればニーズを満たすサービスが提供できます。

ニーズに応えられるとリピーター獲得に繋がり、収益アップを期待できるでしょう。とはいえ、顧客のニーズは流行に大きく左右されるので、SNSのトレンドやフランチャイズ業界の最新動向を常に確認し、スピーディーな対応が必要となります。

4.本部・店舗従業員と良好な関係が築ける

本部・店舗従業員と良好な関係が築けるフランチャイズオーナーは成功している傾向です。本部と関係を良好に築いておくことで、経営ノウハウを吸収しやすく、オーナーの成長に繋がります。

また、従業員との関係もフランチャイズ経営の成功において重要です。正社員やアルバイトと分け隔てなく接し、従業員のモチベーションを高められるとサービスを向上できるでしょう。さらに幹部候補の従業員を育成できれば、複数の店舗を展開するときに他店舗の経営を安心して任せられます。

3.儲かる確率を高めるために知っておくべきフランチャイズのメリット3つ


儲かる確率を高めるために、知っておくべきフランチャイズのメリットを3つ紹介します。

  1. 本部のブランド力を活用可能
  2. 資金融資を受けやすい
  3. 本部からサポートを受けられる

以下より、詳細を解説しますので参考にしてください。

1.本部のブランド力を活用可能

フランチャイズに加盟すれば、本部のブランド力を活用できます。店舗物件の選定や実際の営業など、経営ノウハウがパッケージ化されているため、短期間で開業準備が整います。

一般的な事業の開業時には大掛かりな宣伝で0から集客する必要があります。しかし、知名度の高いフランチャイズの場合は、開店日の告知用チラシを配布する程度で開業初日から多くの集客を見込めるでしょう。

2.資金融資を受けやすい

フランチャイズに加盟すれば、開業時に必要な資金融資を受けやすい魅力があります。主に下記項目の自己資金が必要です。

  • 加盟金や保証金
  • 物件取得費
  • 内装設備費
  • 開業資金

万が一調達できないときは融資を受けるための審査が必要です。本部のブランド力を活用できれば、信頼度が高いため、金融機関の審査に通りやすいといえます。

また、物件や設備費の一部を負担してくれる本部は、通常1,000万円かかるところを、自己資金300万円〜500万円ほどで済むといった事例もあります。

3.本部からサポートを受けられる

開業後にフランチャイズ本部からサポートを受けられます。スーパーバイザーが各加盟店を訪問して、店舗づくりやリピーターの増やし方など、指導や支援を行ってくれます。

オーナー自身が気付かなかった問題点や課題点などが明らかとなり、速やかに軌道修正できるため、売り上げ増加を期待できるでしょう。

4.儲かる確率を高めるために知っておくべきフランチャイズのデメリット3つ


儲かる確率を高めるために、知っておくべきフランチャイズのデメリットを3つ紹介します。

  1. ロイヤリティが常に発生する
  2. オリジナリティを発揮しづらい
  3. 他加盟店の悪影響を受ける可能性がある

以下より、詳しく解説します。

1.ロイヤリティが常に発生する

フランチャイズ加盟車は本部にロイヤリティを支払う必要があります。洗練された経営ノウハウや看板などを使える対価として、ロイヤリティを支払う仕組みになっています。

ロイヤリティの金額の相場は、業種や業態によって異なりますが、ジムの場合は売り上げの約30%〜70%ほどです。割合ではなく定額を支払う契約では、高いところだと月に30万円ほどかかる事例もあります。

家賃や光熱費などの固定費も必要となり、売り上げが少ない月はロイヤリティが負担となるリスクを伴うことも認識しておきましょう。

2.オリジナリティを発揮しづらい

フランチャイズの店舗は、オリジナリティを発揮しづらいと言われています。本部が設定したマニュアルで運営するビジネスなので、契約期間中はすべて決まりに従わなければなりません。

たとえば、ジムの経営で「独自のプログラムを提供したい」「新たなマシーンを導入したい」などの要望は、場合によっては禁じられることがあるでしょう。また契約期間終了後数年間は、経営ノウハウの流出を防ぐために、同業種の起業が禁止されています。

自身の店舗を持って思い通りの店づくりをしたい方には、フランチャイズでの経営は向いていないでしょう。

3.他加盟店の悪影響を受ける可能性がある

同じサービスを提供している他加盟店の悪影響を受けてしまうリスクがあります。もしも他店で不祥事が起きてしまうと、顧客からの信用を失墜させるだけでなく、売り上げが激減する事態に巻き込まれてしまう恐れがあるでしょう。

たとえば、近年、アルバイト店員が悪ふざけをして、動画をSNSに投稿して炎上するといった騒ぎが起きています。フランチャイズ加盟時は、他加盟店からの悪影響リスクが伴うことを認識しておきましょう。

5.フランチャイズで儲かる確率を高めるポイントとは


フランチャイズで儲かる確率を高めるポイントを3つ紹介します。

  1. フランチャイズ本部をよく把握する
  2. ロイヤリティの条件を確認する
  3. 節税について正しい知識を身に付ける

以下より、詳細を解説します。

1.フランチャイズ本部をよく把握する

フランチャイズ本部の特徴や傾向をよく把握しておきましょう。具体的には、以下のことに注意してください。

  • 経済産業省が認可する日本フランチャイズチェーン協会に加入している
  • 研修制度や業務マニュアルなどのサポート内容が充実している

有名なブランドといった理由でフランチャイズに加盟してしまうと、「サポート内容を十分に活用できない」「あとから想定外の費用が発生する」など開業後に苦労する場合があります。トラブルを防ぐために、インターネット検索や本部への資料請求、フランチャイズ経営者より話を聞くなど、事前調査は徹底的に行いましょう。

2.ロイヤリティの条件を確認する

ロイヤリティの条件を確認しておくことが大切です。一般的に、ロイヤリティの金額が決まる仕組みは3つあります。

  • 売上歩合方式:売り上げに対して一定の割合を支払う
  • 粗利分配方式:粗利に対して一定の割合を支払う
  • 定額方式:売り上げにかかわらず決まった金額を支払う

また、サポート内容に見合った対価になっているのかを適切に判断しましょう。加盟予定のフランチャイズはロイヤリティが「どのような形式で決まるのか」「フランチャイズ加盟の利点に釣り合っているのか」などを考慮した上で本部を選択してください。

3.節税について正しい知識を身に付ける

節税に関する正しい知識の習得が大切です。経営において、経費を削減する取り組みは、利益を増加させることに直結します。たとえば、個人事業主として開業する場合、以下の節税対策が適切です。

  • 企業共済に加入する
  • 青色確定申告を行う
  • 経営資産を減価償却する

節税金額を増やす方が、年間売り上げを増やすよりも利益増加の効果を期待できます。節税対策の徹底は、年収アップにおいて重要なポイントだと認識しておきましょう。

まとめ

フランチャイズへの加盟を検討している方向けに、儲かる確率について解説しました。フランチャイズで儲かる確率は、廃業率と継続率から持続しやすいのかどうかがわかります。しかし、廃業率が低いからといって必ずしも儲かるとは限りません。

儲かる確率が高いオーナーの特徴は「目標値・明確なプロセスがある」「本部のノウハウを活かし独自に工夫できる」「顧客視点で経営できる」「本部・店舗従業員と良好な関係が築ける」が挙げられます。フランチャイズに加盟する際は、自身の求めることが満たせるかに注意して検討しましょう。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00