フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズは儲かるのかを検証!仕組みや選び方とおすすめ5選も紹介

KNOW HOW

フランチャイズの加盟を検討している方は、儲かるのかどうかが気になりますよね。フランチャイズの市場規模は増加傾向にあり、幅広い業種から選べます。

本記事では、フランチャイズは儲かるのかどうか、フランチャイズの仕組み、おすすめのフランチャイズ、フランチャイズの選び方を紹介します。フランチャイズへ加盟する利点を把握できますので、ぜひ参考にしてください。

女性専用AIフィットネスFURDIの紹介ページ

この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.フランチャイズは儲かる?


フランチャイズは儲かるのかを3つの視点で紹介します。

  1. フランチャイズで儲けることは可能
  2. フランチャイズオーナーの年収
  3. 収入と労働時間のバランス

以下より、詳しく解説しますので見ていきましょう。

1.フランチャイズで儲けることは可能

フランチャイズを開業して適切な経営をすれば儲けられます。市場規模が約20兆円のフランチャイズ業界は、年々、売上高・チェーン数が増加傾向にあるためです。

近年ではフランチャイズを展開している業種が多く、規模や収益を広げています。とはいえフランチャイズで開業を行っても、すべての方が成功しているわけではないため、どの業種であっても経営には努力が必要です。努力を怠り、経営状態が悪化したときのみ本部のせいにしてしまう経営者の運営は、長続きしないでしょう。

またフランチャイズへの加盟は、本部に雇用されるのではなく対等な立場にあるため、独立した事業として利益を出す必要があります。自営業もしくはフランチャイズのどちらにしても、オーナーの努力次第で経営を成功できのるかが鍵となります。

2.フランチャイズオーナーの年収

高収入を得やすいフランチャイズ事業の平均年収は、約500万円前後です。とはいえ、年収は業種・業態・開業する地域などで大きく異なり、年収が400万円以下になる場合や、1,000万円以上の利益を出すオーナーも存在します。

たとえば、ランニングコストを調整しやすい事業であれば、原価・人件費などの経費を削減できるため、得られる年収が変わります。平均年収はあくまで目安と捉え、運営の方法や工夫で年収の差が生じると認識しておきましょう。

3.収入と労働時間のバランス

フランチャイズに加盟する際には、収入と労働時間のバランスに注意しましょう。フランチャイズ企業でも、労働基準法で定められている週40時間を超える残業が日常化している可能性があります。

年収がよくても残業が毎日のように続く事業では心身ともに大きな負担になりかねないため、経営自体を継続できなくなるリスクが伴います。収入と労働時間のバランスを考慮し、無理せず経営できるフランチャイズ事業を選びましょう。

2.フランチャイズで儲かる仕組み


フランチャイズで儲かる仕組みを2つ紹介します。

  1. 本部の役割
  2. 加盟店が支払う対価

以下より、詳細を解説しますので参考にしてください。

1.本部の役割

本部はフランチャイザーと呼ばれ、加盟店(フランチャイジー)から加盟金・ロイヤリティなどを受け、以下を提供します。

  • 商標・ブランドの利用権
  • 商品・サービスの販売権
  • ノウハウの共有・研修などのサポート など

お店の看板やブランド、商品やサービスなどを提供する代わりに、加盟店からロイヤリティが本部に入ります。フランチャイズ加盟店が増えることで、本部の利益が向上する仕組みです。

2.加盟店が支払う対価

加盟店であるフランチャイジーは、本部側(フランチャイザー)からブランド力やノウハウを提供してもらえる対価として、以下項目を支払う義務があります。

  • 加盟金(契約時に支払う費用)
  • ロイヤリティ(加盟後に支払う費用) など

加盟金が不要な場合でも基本的にロイヤリティは毎月発生し、以下の方式があります。

  • 売上歩合方式:加盟店の月間売上額を基準としてロイヤリティを決める方式
  • 粗利分配方式:加盟店の月間粗利を基準としてロイヤリティを決める方式
  • 定額方式:売り上げ・粗利に関係なく一定額を支払い続ける方式

定額方式でロイヤリティが低い場合、売上歩合方式と比較すると、売り上げが高いほど儲かりやすい点が魅力的です。

3.儲かるおすすめのフランチャイズ5選


儲かるおすすめのフランチャイズを5つ紹介します。

  1. ハウスクリーニング
  2. 塾オーナー
  3. 買取サービス
  4. 高齢者向け宅配サービス
  5. ジム・フィットネス

以下より、詳しく解説します。

1.ハウスクリーニング

ハウスクリーニングの平均年収は約500万円〜約900万円と言われており、高齢化や共働き家庭が増えたことにより、需要が高まっています。開業資金は約300万円ほどで比較的少なく、開業前の研修期間が短いため、未経験であっても参入しやすいです。

また掃除用具や洗剤などが品質の高いものを本部から提供してもらえるため、高品質なサービスを提供でき、顧客満足度の向上に繋がります。とはいえ年収を上げるには自身の労働力を提供する事業モデルなため、従業員を雇用して売り上げの向上を目指しましょう。

2.塾オーナー

塾オーナーの年収は約300万円〜約600万円ほどで、生徒数が増えるほど多くの利益を期待できます。本部に支払うロイヤリティは、一般的に歩合制を採用しています。

知名度がある塾であれば生徒を集めやすく、本部からカリキュラムや教材を提供してもらえるため、経営未経験であってもスムーズに開業しやすいでしょう。開業資金は教室の確保に500万円以上かかるため、経費を抑える対策が必要です。開業初期は自身が塾長業務を行いながら早期に幹部人材を雇用して、多店舗展開を行うと年収アップを目指せます。

3.買取サービス

買取サービスは、規模が大きくなりつつある業界なため年収は1,000万円以上で、高額な年収を期待できる業種です。しかし500万円以上の開業資金が必要なため、準備できない場合は、実店舗が不要の出張サービス形式の経営で開業費用を抑えられます。

しかし、高額なロイヤリティが必要となる場合があるので、フランチャイズの本部選びを慎重に行うことが大切です。さらにブランド品を見極める専門知識が必要なため、本部に商品知識のサポートがあるのかの確認をしておきましょう。

4.高齢者向け宅配サービス

高齢者向け宅配サービスの年収は、約400万円〜約500万円ほどで、単身で住む高齢者が増えていることから、今後の市場拡大に期待できる業界です。

フランチャイズに加盟すると仕入れを安価に行え、初期費用・ロイヤリティなどが生じないところもあります。高齢者向け宅配サービスは、固形食や流動食に対応できると売り上げ増加に繋がります。しかし経費や手間がかかるため、どのようなサービスを提供するのかを開業前にしっかりと計画を立てましょう。

5.ジム・フィットネス

ジム・フィットネス業界は、年収は約500万円ほどです。若者世代だけでなく高齢者向けのサービスを導入するフランチャイズが増えているほど、今後も利用者の増加が見込まれます。

開業資金は、トレーニング施設やトレーニング器具などの準備が必要なため、規模によりますが、約300万円〜約3,000万円ほどです。開業するジムの規模が大きいと、トレーナーや受付などの人件費と、シャワー施設の設置で水道代がかかるため高コストとなります。

まずはマンションの一室を借りて1人で開業し、利益を見ながら規模を大きくするとよいでしょう。また、トレーナーに関する資格の取得や優秀なトレーナーを雇用すれば競合店と差別化でき、自身のやる気次第で年収アップを期待できる業界です。

4.儲かるフランチャイズの選び方


儲かるフランチャイズの選び方を3つ紹介します。

  1. 需要が高い業種を選ぶ
  2. ブランド力があるか
  3. 本部からのサポートや研修制度の充実度を確認

以下より、詳細を解説します。

1.需要が高い業種を選ぶ

フランチャイズの開業で儲けたい場合は、需要度が高い業種を選びましょう。世間から必要とされ、需要が高いものであればあるほど儲けられます。

画期的なビジネスアイデアを思い付いても、需要がなければ売り上げを上げられません。消費者が悩みを持っている方が多いのかが重要で「全体でどのくらいの需要があるのか」「開業したいと思っている地域で需要があるのか」などに視点をおいて市場調査を行いましょう。

2.ブランド力があるか

集客に直結するほど重要なブランド力があるフランチャイズを選択しましょう。お店にブランド力があれば、顧客からお店を探す際に店名で検索してもらえます。

数ある同業社の中で比較されるのではなく、ビジネスを始めた瞬間からブランド名で選んでもらえるので高い利益を見込めるでしょう。

3.本部からのサポートや研修制度の充実度を確認

フランチャイズ本部からのサポートや研修制度の充実度を確認しましょう。本部がきちんとサポートしてくれたり、充実した研修を設けてくれたりしていると、経営を安心して進められます。

とくに知識やスキルが必要な業種は、すべての業務内容を1人で行うのは難易度が高いと言われています。開業後の経営を軌道に乗せるために、十分なサポートや研修を提供してくれる本部を選びましょう。

まとめ

フランチャイズの加盟を検討している方向けに、フランチャイズは儲かるのかどうか、フランチャイズの仕組み、おすすめのフランチャイズ、フランチャイズの選び方を解説しました。

フランチャイズに加盟すると、ノウハウやサポートが得られて、集客力にも期待できるため儲かりやすいので、検討してみてはいかがでしょうか。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00