フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > フランチャイズ成功ノウハウ

フランチャイズ成功ノウハウ

フランチャイズ成功ノウハウ

カテゴリを指定

就労移行支援事業の市場性と今後のあるべき姿

就労移行支援事業の市場性と今後のあるべき姿

就労移行支援とは、就労を希望する18歳以上の65歳未満の障がいのある方に対して、生産活動や職場体験などの機会の提供を通じた就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練、就労に関する相談や支援を行う、厚労省管轄の障がい福祉分野の認可事業となります。

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(設備と利回り編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(設備と利回り編)

最後に設備投資(初期投資)について見ていきます。ここでは、事業スタートに重要な設備投資と最終的には投資額に見合ったリターンの有無が重要ですので、利回りの2つを比較したいと思います。

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(マーケット編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(マーケット編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業のマーケットを官公庁のデータを用いて比較してみたいと思います。

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(手間・工数編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(手間・工数編)

各々の事業の開業前と開業後の2つに分けて、手間・工数を詳しく見ていきます。コインランドリー事業は開業前に行うべき項目は比較的多く存在しますが、多くのコインランドリー支援企業(メーカーや卸企業)がこれら支援を行うことで、開業前の手間、工数を削減できると言えます。

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(収益性とその構造編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の比較(収益性とその構造編)

コインランドリー事業と自動外貨両替機事業の収益性に関して、比較したいと思います。
まず収益性を見るうえで、それぞれの事業の収益構造を見ていきます。

放課後等デイサービス業界レポート

放課後等デイサービス業界レポート

2012年4月の障害者自立支援法と児童福祉法の法改正によって、放課後等デイサービスという認可事業が創設され、かつての老人介護や保育同様に民間参入が促されている、新しい事業分野です。

業界(マクロ外部環境)・市場環境分析レポート

業界(マクロ外部環境)・市場環境分析レポート

経営戦略の立案、新規事業立ち上げ、新製品開発、独立起業など、ビジネス上で成功を収めるには、成長分野への参入が鉄則であり、今後、成長する業界・市場を見極めることが重要です。

保育業界レポート

保育業界は今まさに、大きな変革の時期に差し掛かろうとしています。
小泉内閣時の2000年に「民間に任せられるものは民間に」という方針が打ち出されました。実は10年以上も前から問題となっていた待機児童問題を解消すべく民間企業による認可保育所の運営が認められていたのです。

乳幼児教育

フランチャイズ市場レポート~乳幼児教育 vol.3~

昨今の脳科学(大脳生理学)の研究成果によって、人間の脳の基本性能は、「3歳」までに、ほとんど決まるということが分かってきました。大脳には140億個の神経細胞(ニューロン)があると言われ、新生児の段階で大人とほとんど変わらない数を持っています。しかしながら、生まれたばかりの新生児は、ニューロン同士の接続(シナプスによる回路形成)がほとんどされておらず、生命活動に関わる領域のみ回路形成がなされていますが、それ以外の領域では未完成の状態です。

乳幼児教育

フランチャイズ市場レポート~乳幼児教育 vol.2~

前回のレポートで述べた通り、日本の現在の早期教育は「早教育と天才」からスタートしたと言えます。また、「三つ子の魂百まで」(幼児期に身についた習慣や性格は死ぬまで直らない)という諺があるように、古くから早期教育が存在するように、その重要性を経験則として昔の人は知っていたのかもしれません。(なぜ3歳までの教育が重要なのかについては後述いたします。)

フランチャイズ市場レポート~乳幼児教育 vol.1~

近頃、テレビを始めとする多くのメディアで、幼少期に教育を受け、極めて高い能力をもった子供たちやその先生を取り上げた番組や記事を目にすることが多々あるのではないでしょうか。

  • 1

御社を成功へリード。ATカンパニーのフランチャイズサポート。

フランチャイズの成功は、経営ノウハウと資本・人材・モノとの等価交換のベストの仕組みの成功であり、フランチャイザーとフランチャイジー双方が企業成長をより加速させた場合に見られます。その上で、よりフランチャイズシステムの成功を企業経営の側面から考えると結論、フランチャイズとは経営戦略の勝利だと言えるでしょう。経営戦略であると捉えた場合、フランチャイズ選定の視点は格段に変わるのではないでしょうか。
例えば、今検討しているフランチャイズ事業、つまり、その戦略は自社の戦略の方向性に合致しているものであるのか?といった視点で、そのフランチャイズ事業を検討することも重要です。このような視点を持って、事業検討するだけで、フランチャイズ選定は格段に成功確率をあげることができます。ATカンパニーは、こういったフランチャイズの本質を把握し、そこから発するコンサルティングでフランチャイズの新規事業・立ち上げをバックアップします。
さらにATカンパニーは皆様の経営戦略に沿ったフランチャイズビジネスをいっしょに考え、成功へと導きます。