フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > フランチャイズ成功ノウハウ

フランチャイズ成功ノウハウ(FC展開をお考えの方)

フランチャイズ成功ノウハウ

必見!伸びるマーケットを見極める4つの視点

新規事業に進出する際に、その新規事業が属するマーケットが今後伸びているのかどうか? この視点は事業を成功させる上で、大変重要です。
ビジネスモデルや戦略を考えることも重要ですが、新規参入するマーケットをしっかりと選定することも、同様以上に重要な視点であると言えます。

DMM.COMに見る多角化戦略

ビートたけしさんがCM出演しているDMM.COM。皆さんもご存知の企業だと思います。多角化を成功させている企業の代表例として、DMM.COMは最適な企業なのではないでしょうか。
今回はDMM.COMを例に、多角化戦略に関してお伝えしたいと思います。

新規事業を創出する際に最低限知っておきたい3つのこと

常に成長を求める際には、既存事業の拡大とともに、やはり新規事業分野の育成は大変重要な視点であります。
今回は新規事業の創出に関して、お伝えしたいと思います。

これからの店舗系事業のコストダウンは家賃削減と工事費の見直しがトレンド

店舗系事業を展開する企業経営者、担当者がコストダウンを考えた時に、既に人件費や原価の最適化は多くの企業で取り組まれているものと思われますが、家賃及び工事費において取り組まれている企業様は少ないのではないでしょうか?

自社で家賃交渉を行う際の絶対に知っておくべきポイントと流れ

『家賃を安価に下げる為の重要な2つのポイント』レポートでも解説しましたが、本レポートにて、さらに詳しく家賃交渉を自社で行う際のポイントに関して、解説したいと思います。

家賃を劇的に下げる為に重要な2つの視点

店舗系ビジネスにおいて、固定的なコストである家賃は、経営する際に見逃せない重要な費用項目であると思われます。

FC本部が加盟開発を成功する為に最低限必要な7つの視点

加盟開発はフランチャイズ本部において、成長の生命線です。しかし、今まで加盟開発が上手くいかない本部を多数見てきました。そこで、フランチャイズ本部ならば最低限考えるべき7つの視点をお伝えしたいと思います。

フランチャイズ本部として、常に経営モデルを革新できているか?

今回はフランチャイズ本部として、常に経営モデルを革新しているのか? この点に関して、お話ししたいと思います。

フランチャイズ本部の成長戦略4つのステップ

フランチャイズ本部の成長段階で、とるべき戦略は異なると考えられます。そこで、弊社がこれまでに様々なフランチャイズ本部の戦略を分析し、見えてきた戦略ステップに関して、解説させていただきたいと思います。

フランチャイズ本部は常に経営診断を行わなければならい4つの理由

経営診断とは単なる財務分析ではなく、フランチャイズ本部として、診断すべき4つの内容について、解説したいと考えております。

どの様な経営者がフランチャイズ本部を目指すべきか?

フランチャイズを活用し、企業成長を実現されようとお考えの方は多いと思います。そこで、どんな経営者がフランチャイズ本部を目指すべきか、逆にどのような経営者はお勧めできないか、に関して解説いたします。

工事発注時にコンストラクション・マネジメント(CM)方式を絶対に導入するべき理由

フランチャイズ加盟店及びフランチャイズ本部の両方に言えることですが、出店コストの圧縮、低減は常に追求すべき視点であることを今一度お伝えしたいと思います。

放課後等デイサービス業界レポート

放課後等デイサービス業界レポート

2012年4月の障害者自立支援法と児童福祉法の法改正によって、放課後等デイサービスという認可事業が創設され、かつての老人介護や保育同様に民間参入が促されている、新しい事業分野です。

FCのプロが答える! 企業の資金調達の種類と活用方法

「ヒト」「モノ」「カネ」そして「情報」の4つを経営資源といい、このうち「企業の血液」とも呼ばれるのが、お金です。企業という身体を維持するためには、血液のように循環する資金が常に必要となります。必要なときに必要なところへ資金を投入できなければ、企業の活動は停止します。資金の調達は、企業にとっての生命線です。

FC展開と直営展開、どちらが有効なのか?

別のテーマでも、解説しましたが、FC展開と直営展開、どちらが有効かに関しては答えがありません。
結果的に、FC主体で展開を行い成功したセブンイレブンなどの企業もあれば、直営主体で展開で成功したユニクロのような企業も存在します。

FC加盟店開発において、比較サイトは有効なのか?

FC本部にとっての加盟開発に関して、お話したいと思います。
多くのFC本部が加盟見込みを発掘する為に、FCの比較サイトを活用していると思います。
そして、毎月多くの販促費を投下しているのではないでしょうか?

FC本部はビジョンから設計しなければならない

FC本部を構築するに際、経営者としての価値観、経営理念、そして、ビジョンを十分に考察しなければなりません。
何故ならば、FCはシステムです。一度構築したシステムは容易には変更出来ません。
故に、十分に考え抜いたシステムを構築することをお勧めします。

FCシステムとはアウトソーシング事業である

FCシステムの本質であるコンサルティングという視点と共に、もう一つ本質的な視点はFCシステムとはアウトソーシング事業だと言うことをお伝えしたい。

FCシステムとはコンサルティングである

FCシステム構築に当たり、まず本質をお伝えしたいと思います。
テーマにある様に、あなたはFCシステムとはコンサルティングだとの認識をもっているだろうか。
この視点は大変重要です。

FC本部にスーパーバイザーは必要なのか?

スーパーバイザーの必要性を検討する前に、先ずスーパーバイジングとは何かから、説明致します。
スーパーバイジングとはFC本部によるFC加盟店に対する経営指導のことであります。

御社を成功へリード。ATカンパニーのフランチャイズサポート。

フランチャイズの成功は、経営ノウハウと資本・人材・モノとの等価交換のベストの仕組みの成功であり、フランチャイザーとフランチャイジー双方が企業成長をより加速させた場合に見られます。その上で、よりフランチャイズシステムの成功を企業経営の側面から考えると結論、フランチャイズとは経営戦略の勝利だと言えるでしょう。経営戦略であると捉えた場合、フランチャイズ選定の視点は格段に変わるのではないでしょうか。
例えば、今検討しているフランチャイズ事業、つまり、その戦略は自社の戦略の方向性に合致しているものであるのか?といった視点で、そのフランチャイズ事業を検討することも重要です。このような視点を持って、事業検討するだけで、フランチャイズ選定は格段に成功確率をあげることができます。ATカンパニーは、こういったフランチャイズの本質を把握し、そこから発するコンサルティングでフランチャイズの新規事業・立ち上げをバックアップします。
さらにATカンパニーは皆様の経営戦略に沿ったフランチャイズビジネスをいっしょに考え、成功へと導きます。