フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズで開業する5つのメリット!本部の選び方や注意点も解説

KNOW HOW

「開業したい」と考えるなら、フランチャイズへの加盟も選択肢の1つです。フランチャイズなら、自力では困難なこともサポートを受けられるので、早い段階で経営がうまくいく可能性が高まります。
本コラムでは、フランチャイズで開業するメリットや本部の選び方を解説します。

女性専用AIフィットネスFURDIの紹介ページ

この記事の信頼性

ATカンパニー株式会社
前代表取締役

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.フランチャイズで開業する5つのメリット

フランチャイズに加盟するという開業方法を選択するメリットはどんなところでしょうか。4つの項目に分けて解説します。

1.未経験でも始めやすい

フランチャイズに加盟して開業すれば、未経験での分野でも始めやすいのが特徴です。

一般的に「自分のお店を持ちたい」と思っても、起業のやり方を学んだり専門分野の知識を身につけたり、やらなければならないことがたくさんあります。開業までの道のりが長く、挫折してしまうこともあるでしょう。

しかし、フランチャイズならすでに開業に関するノウハウが確立されているので、自力で行わなくてもしっかりサポートを受けられます。

「開業の経験がない」「未経験の分野に挑戦したい」と考えるなら、フランチャイズを利用するのがおすすめです。

2.集客に苦労しない

フランチャイズで開業すると、集客に苦労せずに経営が可能です。フランチャイズに加盟すると、チェーン店として営業します。すでに知名度の高いブランドであれば、お店を出すだけでお客様が来店してくれます。

また、新たな集客をする際にもフランチャイズに加盟していれば、費用を抑えることが可能です。例えばCMやポスターなどを貼るとなると、多くの費用が必要になるもの。

大手のフランチャイズなら本部が宣伝活動を行ってくれるので、費用を抑えながら大々的な広告を打ち出すこともできるでしょう。

3.利益が見込めるビジネスモデルがある

フランチャイズは、すでに成功した経験のあるビジネスモデルがあります。加盟するだけで、成功法則に従って経営していけばうまくいく可能性は高いといえます。

一からお店を出そうとすると、これまでの経験に頼ることができず経営に失敗するリスクが高まるでしょう。

フランチャイズで開業すれば、早い段階で軌道に乗ることが可能です。

4.開業資金を集めやすい

フランチャイズ加盟は、個人開業に比べると資金を集めやすいメリットがあります。

フランチャイズにはブランド力があり、銀行も融資には積極的です。

さらに、開業に必要な備品なども格安で入手できたり支給してくれたりするので、初期費用が少なく済む傾向です。

開業したいけれど費用がネックになっている方は、フランチャイズ加盟を検討するのが良いでしょう。

5.困ったときに相談に乗ってくれる

フランチャイズで開業すると、経営に悩んだときには本部が相談に乗ってくれます。

たとえ赤字に傾きそうな場合でも、どうすれば経営がうまくいくのかしっかり数字をチェックした上で的確なアドバイスをもらえます。

個人開業の場合は相談先がないことが多く、一人で悩む方もいるでしょう。フランチャイズなら、経営のプロが相談に乗ってくれるので安心して仕事に取り組めます。

2.フランチャイズで開業する3つのデメリット

フランチャイズで開業するデメリットも紹介します。メリットと併せてチェックして、利用するかどうか検討してみてください。

1.ロイヤリティが発生する

フランチャイズに加盟すると、お店の看板や経営ノウハウを利用させてもらえる代わりにロイヤリティが発生します。

ロイヤリティはフランチャイズにより設定がそれぞれ異なります。たとえば「売り上げ額の◯%」と決まっていることが多いですが、売上高か純利益かなどで、発生する費用が違ってくるでしょう。

ロイヤリティは決して安くなく、毎月発生するものなので、場合によっては大きな負担となってしまうこともあります。

2.予測通りに売上を得られるとは限らない

フランチャイズに加盟する際には、本部があらかじめ売上額を提示してくれることが多いでしょう。しかし、それはあくまでも他店を参考にした理想の数字です。

実際に新たな店舗を出しても、立地条件や土地の客層により予定通りの売上が得られない可能性もあります。

「フランチャイズに加盟すれば良い」と安易に考えるのではなく、売上がきちんと見込めるのか自分でも調査しておくことが必要です。

3.中途解約できない

フランチャイズに加盟すると、経営がうまくいかないからといってもすぐに解約はできません。契約期間が決められているためです。

中途解約となると、多額の違約金が発生することがほとんど。契約時には解約のことまで考えないかもしれませんが、とても重要な項目です。契約前にしっかり契約期間や違約金が発生する条件を確認しておくことが大切です。

 

3.開業前にチェック!フランチャイズを選ぶときの3つのポイント

フランチャイズに加盟する場合には、本部の選び方がとても重要です。こちらでは、本部の選び方を3つのポイントに分けて解説します。

1.まずは加盟する目的を明らかにする

なぜフランチャイズに加盟したいのか、まずは自身の目的をはっきりさせましょう。

例えば

  • 未経験の分野での経験を積みたい
  • 経営ノウハウをしっかり学びたい
  • 地域の特徴をつかむため店を経営してみたい

など、目的は人によって異なるもの。目的がはっきりしたら、それが叶うフランチャイズを選ぶことが大切です。

漠然と「儲かりそうだから」などの目的でフランチャイズを選ぶと経営に力が入らなかったり、ちょっとうまくいかなかっただけで解約したくなったりするリスクが高まります。

目標を明らかにした結果「早い段階で自分の店を持ちたい」「開業にかかるすべての準備も自分の力だけでやってみたい」などの場合には、フランチャイズに加盟しないほうが良いケースも出てくるでしょう。

2.契約内容を確認する

フランチャイズに加盟する前には、契約内容をきちんと確認することが大切です。安易に加盟してしまい、規約を確認しなかったばかりに損をする可能性もあるためです。

例えば、フランチャイズを脱退した後、一定期間は飲食店を開業できないことがあります。脱退してからすぐに自分の店を持ちたいと考えても、規約違反になる可能性があるので注意が必要です。

また、契約内容をしっかり把握していなかったばかりに規約違反してしまい、多額の損害賠償を求められるケースもあります。

契約前に、条件などをくまなくチェックしておきましょう。

3.サポート体制が整っているのか確認する

フランチャイズで開業するメリットは、サポート体制が整っていることも大きなポイントです。

しかし、フランチャイズによりサポートの手厚さは異なります。ある程度ご自身で進めたい方は、必要最低限のサポートでも良いかもしれませんが、未経験者はさまざまな援助してもらえるところを選ぶと安心です。

出店の準備に関することはもちろん、資金調達のサポートや経営後のアドバイスを行っているところを選ぶと心強いでしょう。

4.フランチャイズで開業する際の3つの注意点

フランチャイズで開業を考える方に向けて、3つの注意点を解説します。ぜひチェックしてみてください。

1.ネームバリューだけで本部を選ばない

フランチャイズ本部を選ぶときに「有名だから儲かるだろう」「CMに流れるような企業なら安心だろう」と、ネームバリューだけに頼るのはやめたほうが良いでしょう。

有名だから経営がうまくいくとは限らないからです。例えば、近隣にも店舗があり顧客の奪い合いになったり、大手だからこそアルバイトの不祥事により噂が広まり会社の名前が傷ついたりすることもあります。

「有名だから」という理由で選ぶのではなくさまざまな本部を比較して、自身にとって最適な加盟先を選ぶことが大切です。

2.ロイヤリティが発生する点に気をつける

フランチャイズに加盟すると、商標や経営のノウハウなどを利用できる代わりにロイヤリティが発生します。

ロイヤリティがどれくらいかかるのかしっかり確認しておかないと、思いのほか多く取られてしまい本部に対して不満を抱いてしまうこともあるでしょう。

事前にしっかり確認して納得していれば、多くのロイヤリティが発生したとしても不信感を持たずに働き続けられます。

フランチャイズの経営を成功させるには、本部との良好な関係性が大切です。契約前に不満な点がないかどうかしっかりチェックしておきましょう。

3.説明会の内容を鵜呑みにしない

フランチャイズ本部の説明会に参加すると、当然ですが良い話ばかりのケースがほとんどです。

「これだけの売上が見込めます」と提示している数字も、かなり好条件で算出した数字である可能性があります。

例えば、若者に大人気のチェーン店を出店したとしても、その地域が高齢者がばかりだったとしたら思い通りの集客(売上高)は見込めないでしょう。しかしこれは、事前にしっかり情報を集めていれば防げる失敗です。

説明会の内容を鵜呑みにするのではなく、自身でもきちんと情報をしっかり集めることも大切です。

まとめ

「低資金で始められる」「サポートを受けながら開業できる」など、フランチャイズで開業するメリットはたくさんあります。

しかし、フランチャイズに加盟したからといって、必ずしも売上が約束されるということはありません。

目的を明らかにし、十分な情報を集めて自身にとって最適なフランチャイズ本部を選ぶことが大切です。

ぜひこのコラムで紹介した内容を参考に、フランチャイズでの開業を成功させましょう。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00