フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズ本部との代表面談で確認すべき7つの事

KNOW HOW

フランチャイズ本部との代表面談で確認すべき7つの事

皆さんはフランチャイズ事業を検討される際に、本部の代表の方とお会いをしてから意思決定をしていますか? 営業担当の話だけを聞いて意思決定をしていませんか?
「事業は人なり」という言葉があるように、そのフランチャイズ事業を作った代表との面談は、加盟の意思決定を行う前に必ず行わなければなりません。

これまでのレポートにも事業選定のポイントについてお伝えしてきましたが、最終的に重要なのは「誰」と事業を一緒に行うかです。私どもはフランチャイズに加盟する際の最後の意思決定(本部代表との面談)は、ある種のお見合いのようなものであると思っています。会うまでの前情報でどれだけタイプであったとしても、最後は会ってみて気に入るかどうか、ここに尽きると思います。

今回のレポートでは、フランチャイズ事業を選定する際に、絶対に欠かしてはならない要素である、本部代表との面談において確認すべきことをお伝えできればと思います。

本部代表との面談で、最低限確認すべきは下記7点です。

(1) 社長の経歴や人物像など
(2) 創業した背景
(3) フランチャイズ展開の背景
(4) 本部が考える自社の差別化と改善点、リスク事項
(5) 本部として加盟店に対して望むこと
(6) 当業態の今後の事業展開、将来ビジョン
(7) 本部の財務状況

なぜこれらが必要なのか解説します。

 

(1) 社長の経歴や人物像など

社長の人となりを知る上で重要です。これまでの仕事の経歴や年齢、趣味、出身や家族構成など。もしかしたら、ご自身との共通点も見つかるかもしれません。また例えば趣味の話を通じて、浪費が激しい様子が伺えたりすることがあります。その他にも、歴史ある会社であるが、社長一代で作られ、企業規模は大きくなったものの、社長の年齢が高齢の場合などは、後継者育成がしっかり出来ているのか確認すべき視点でしょう。経歴や人物像などを把握することで、ある種のリスクも確認しなければなりません。

 

(2) 創業した背景

検討しているフランチャイズ本部の創業したきっかけやその業態が生まれた背景など、しっかりと確認されていますでしょうか? フランチャイズ本部の社長が創業したきっかけやその事業を展開した背景を必ず確認するようにしましょう。創業の背景に共感できるかどうかを確認することは、長期的な関係を築く上で、大変重要なポイントになり得ます。

 

(3) フランチャイズ展開の背景

大変高収益な事業であれば自社で展開をすれば良いのではないか? よくこの点についての質問を伺うことがあります。フランチャイズ展開を行っている理由は本部によって様々です。中には、加盟店に目を向けていないフランチャイズ本部も少なくはありません。信頼できる本部かどうかを確認する上では、この視点は欠かせないものであると思います。

 

(4) 本部が考える自社の差別化と改善点、リスク事項

本部自身が考える競合との明確な差別化(成功要因)、またその差別化(成功要因)が簡単には真似が出来ないノウハウとなっているのかどうか、この点についても必ず確認をしましょう。また、本部自身が考える現状の改善点や事業上のリスク等に関しても、確認を行った方が良いでしょう。どのフランチャイズ本部も現状が完璧だと判断している本部はないと思います。それぞれに経営課題が存在し、その改善に向けて努力をしているものと思います。本部が自社の経営課題をどのように捉えて、どのように改善を図っているのか、その視点や改善スピードなどを確認することによって、信頼をおけるかどうか、また今後伸びる可能性のあるフランチャイズ本部かどうかの見極めにも繋がると思います。

 

(5) 本部として加盟店に対して望むこと

本部が求めていることと加盟店が目指している方向性が異なり、加盟後に価値観の食い違いが発生することが見受けられます。フランチャイズ本部としても、加盟店に対して、求めているものは何か? 期待水準はどんなものか? など加盟候補者として、本部を見極める一つの判断材料として、確認することが大切であると思います。

 

(6) 当業態の今後の事業展開、将来ビジョン

事業の持続的成長を実現するには時代環境に適応した業態開発、そして改善を行っていかなければなりません。現在の事業をより良い事業へとどのように昇華させていくのか、どのように改善し、さらなる差別化を実現するのか、リスクに対してどのように備えるのかなど、加盟を検討する事業の将来的な展開に関しても、しっかりと確認するべきです。
さらには、FC本部の会社としての将来ビジョンを確認することも重要です。

・ 株式上場を目指しているのか?
・ 何年後までに、同分野でNo.1を目指しているのか?
・ それは、店舗数なのか?、それとも満足度なのか?、売上高なのか?

企業により、掲げるビジョンは様々です。
加盟店にとって、そのビジョンが共感できるものなのかどうか、判断の一つにすることは重要であります。

 

(7) 本部の財務状況

法定開示書の中で開示されているケースがほとんどです。逆に、財務が開示されていない本部は絶対に確認しなければなりません。ご自身が財務の知識が乏しい場合、税理士などの専門家を活用した上で、疑問点は直接、社長面談で確認することが望ましいと思います。

弊社でも、フランチャイズ本部を選定する際には、必ず上記の視点は確認をしています。推奨している下記の各種事業については、その点では充分に備えた事業であると判断を行い、ご紹介をさせて頂いております。

皆様も是非フランチャイズ事業を検討する際には7つのポイントは必ずおさえて本部との代表面談に望んで頂ければと思います。

執筆担当コンサルタント:橋口健太郎

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00