フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

起業家とは?経営者などの違いや成功するために求められる5つの要素を解説

KNOW HOW

起業家とはどんな人のことを指すのか、よくわからない方もいるでしょう。経営者の呼び方はさまざまです。そこで、こちらの記事では起業家とは何か解説していきます。

さらに、起業家として成功するために求められる5つの要素についても紹介します。起業家になりたいと考える方は、参考にしてみてください。




この記事の信頼性

浅野 忍土

フランチャイズ・ストラテジスト、浅野忍土が監修。
銀行、ITベンチャーを経て、FCコンサルティング会社であったベンチャー・リンクへ入社し、フランチャイズビジネスに携わる。
8年間、チェーン展開支援を主とした業務に従事し、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、土間土間、銀のさら、タリーズ、カーブスなどを多店舗展開。
結果1,500店舗以上のチェーン展開に関与。
その後、独立し、ATカンパニー(株)を創業し、FC展開を支援。
さらには女性専用AIパーソナルトレーニング「ファディー」FC本部を設立し、自らFC本部も経営している。

1.起業家とは?

起業家とは?

会社法人などの組織を運営する権利と、全ての責任を背負う人は「経営者」と呼ばれます。

近年、経営者が注目されることが多くなり、シーンによっていろいろな呼ばれ方をします。

特に、よく見かける呼称は「起業家」です。わざわざ言葉を変えて表現する以上、そこに伝えたい細かな違い、ニュアンスがあります。

まずは「起業家」とはどのような人を指すのか意味を押さえておきましょう。

1.起業家

起業家とは「自身で新事業を興した創業者」です。

経営者と区別するのは、経営者の中には既存の会社や事業を継いだ人もいるからです。

事業承継やM&A、のれん分けなどで経営者になった者は、起業家とは呼ばれません。

また、経営基盤を一代で築いたような創始者、例えばパナソニックの松下幸之助氏のような方を「起業家」とはあまり表現しないことから、「起業家」は比較的、創業まもない経営者に対する呼称と考えてよいでしょう。

会社がある以上、過去にも起業家と呼べる人はいましたが、70年代の第一次ベンチャーブームの時期から言葉として認知されることが多くなったようです。

学生で起業する者は「学生起業家」、若くして起業する者は「若手起業家」、女性で起業する者は「女性起業家」、シニアになって起業する者は「シニア企業家」といったように使われます。

文字が違う「企業家」は読み方が同じですが、誤字ではありません。

耳で聞いたときに、対象が新事業の創業者ではない場合は「企業家」の方が使われていると思ってよいでしょう。

2.起業家と経営者などの違い

起業家と経営者などの違い"

起業家とはどのような人のことを指すのでしょうか。実業家や企業家との違いは何か、詳しく解説していきます。

  • 起業家の特徴
  • 企業家との違い
  • 実業家との違い
  • 事業家との違い

起業家の特徴を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.起業家の特徴

起業家は、自分で新しく事業を立ち上げる創業者のことをいいます。経営者は既存の会社や事業を継いだ人もいるため、起業家と分けて使われています。事業継承やM&Aで経営者になった人は、起業家と呼びません。

学生で起業すれば「学生起業家」、女性で起業すれば「女性起業家」などと言われることもあります。

2.企業家との違い

起業家と混同しやすい「企業家」は、企業をより方向へ変化させる者という意味で使われます。企業を発展させるために戦略的な経営を行う人という意味が含まれていることが多いようです。

有名な企業家として挙げられるのが、Apple社の共同設立者「スティーブ・ジョブズ」です。明確なビジョンを持ち、MacやiPhoneを生み出しました。

3.実業家との違い

実業家とは、本来、生産・流通・販売などで事業を行う人のことを意味します。具体的な事業は、農業や工業、水産など。

しかし現在では、株や投資など労働を伴わない事業を行う人のことを実業家と呼ぶこともあります。実際「青年実業家」は、複数の企業を立ち上げて成功させた人のことを指して使われています。

4.事業家との違い

事業家は、事業を行う人のことをいいます。しかし、最近使われる「事業家」は、能力が高く、巧みに事業を行う人というニュアンスで使われることが多いようです。

起業家が事業を成功させると、事業家になると言われています。

3.起業家として成功するために求められる5つの要素

起業家として成功するために求められる5つの要素

起業家として成功するためには、さまざまな要素や適性があります。こちらでは、5つの要素について解説します。

  • 明確なビジョンを持っている
  • 責任感を持っている
  • リスクを受け入れられる
  • 柔軟に対応できる
  • 行動力がある

起業家を目指す方は参考にしてみてください。

1.明確なビジョンを持っている

起業家として成功するために、経営戦略の核となる明確なビジョンを持っていることが大切です。起業すると、経営に迷うときが来ます。ときには、自身のこだわりを捨てたり、妥協したりしなければならないこともあるでしょう。

明確なビジョンがないと、結局何をしたかったのかよくわからない経営を行うことになり、失敗するリスクが高まります。ゴールがきちんと決まっていれば、途中でやり方を変えたとしても目的が変わることはありません。

2.責任感を持っている

起業家として成功するためには、責任感が強いことも必要な要素です。失敗したときに誰かのせいにしていては、成長できません。

失敗を受け入れ、そこから学ぶことでどんどん成長していけます。起業したら、自分が中心となって事業を行います。誰よりも強い責任感を持っている人なら、失敗を糧にできるでしょう。

3.リスクを受け入れられる

どんな起業の形でも、失敗するリスクはあります。そのため、何か問題が起こったときに、リスクを受け入れて冷静に対処できれば起業家として成長できます。

一度の失敗で挫折してしまうようでは、事業を成功させるのは難しいでしょう。ピンチはチャンスだと、前向きに捉えられる人が起業家に向いています。

4.柔軟に対応できる

軸がぶれないことは大切ですが、自分の考えを全く曲げない人よりも、柔軟に対応できる人の方が成功しやすいでしょう。自分の頭の中で良いアイデアが浮かんでいるとしても、他人の意見を取り入れたほうがより良いサービスを提供できることもあります。

また、経営していくうちになかなか結果が出ず、やり方を見直す必要が出ることもあるでしょう。そんなとき、これまでのやり方を頑なに変えない人よりも、新しい方法を取り入れられる人のほうが成功につながる可能性が高まります。

5.行動力がある

起業で成功するためには、行動力も大切です。慎重に計画を立てて、リスクを避けたいと考える方が多いでしょう。しかし、何事もまずは行動を起こさなければ始まりません。

慎重になるのも良いですが、ときには思い切って行動してみることも必要でしょう。

4.まとめ

起業家とは、事業を立ち上げる創業者という意味で使われることが多いです。企業家や実業家、事業家などと分けて使われることもあるので、それぞれの特徴を押さえておくとよいでしょう。

起業家が成功するためには、明確なビジョンを持つことや責任感を持っていることなどが必要です。ぜひこの記事を参考に、起業を成功させてみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00