フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

フランチャイズとは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説

KNOW HOW

「フランチャイズとは?」
「どんな仕組みなのか知りたい」
「メリットやデメリットはどんなところ?」

フランチャイズという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。コンビニやファーストフード店を思い浮かべるかもしれません。自分でお店を持ちたいと考えたとき、フランチャイズは選択肢の1つです。

こちらの記事では「そもそもフランチャイズとは何?」と疑問に思う方に、基本的なところをわかりやすく解説していきます。開業を考える方は、参考にしてみてください。

▼動画でも解説しています。かなりわかりやすく解説していますので、ぜひご覧いただければと思います!



1.フランチャイズとは?わかりやすく解説

フランチャイズとはどんなものなのか、よくわからないという方もいるでしょう。そこで、こちらでは、フランチャイズの仕組みや直営店との違い、業種などについて詳しく解説していきます。

フランチャイズとは何か、疑問に思う方は確認してみてください。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、ビジネスモデルのひとつです。個人や法人がフランチャイズ本部にロイヤリティ(対価)を支払い、お店の名前や商品、サービスを使用する権利をもらう仕組みです。

商標や経営ノウハウ、サービスなどはマニュアル化されているので、誰でもオーナーになることが可能です。

直営店と加盟店の違い

フランチャイズには、直営店と加盟店があります。それぞれ、経営者が異なります。

  • 直営店・・・フランチャイズ本部が直接雇用や経営を行う
  • 加盟店・・・事業本部と契約した加盟店のオーナーが店舗を経営する

事業本部と契約した店舗は「加盟店」といい、加盟金を支払う代わりに店舗経営に関わるさまざまな権利を得られます。フランチャイズ本部との直接的な雇用はなく、別資本・別事業主です。

直営店はフランチャイズが雇用や運営を行うため、加盟店のお手本となります。開業前の研修として利用されるケースも多くあります。

代理店との違い

フランチャイズと似ている仕組に、代理店があります。元となる企業の商品やサービスを取り扱う点はフランチャイズも代理店も同じです。

しかし、代理店の方が自由度が高いのが特徴です。価格や販売方法、キャンペーンなどは代理店が決定できます。一方、フランチャイズは価格や販売方法などは本部が決めたとおりに行わなければなりません。

その他、金銭面にも違いがあります。フランチャイズはロイヤリティをフランチャイズ本部に支払って経営を行います。一方代理店は商品やサービスを販売することにより、元会社から手数料が支払われます。

フランチャイズの業種

フランチャイズには、数多くの業種があります。日本フランチャイズチェーン協会の「統計データ」によると、2019年度で1,324チェーン、店舗数は26万を超えているというデータがあります。

フランチャイズの業種は、大きく分けると3つです。

  • 外食業・・・レストラン、ハンバーガーチェーン、ラーメン店など
  • 小売業・・・コンビニエンスストア、リサイクルショップ、宅配販売など
  • サービス業・・・介護、学習塾、ハウスクリーニング、リラクゼーションなど

外食業や小売業は比較的歴史があり、ノウハウが蓄積されているものが多いでしょう。サービス業は、流行により新しいビジネスが参入しています。

一時的な流行により業績が良いものや、継続して事業を成立させているものなど、さまざまな種類があります。立地条件なども考慮して、最適な業種を選ぶことが大切です。

2.フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットについて、4つの項目に分けて解説していきます。

  1. 知識や経験がなくても新規事業に参入しやすい
  2. 本部のブランド力を活用できる
  3. 本部からサポートを受けられる
  4. 自分で開業するよりも負担が軽い

フランチャイズにはどのような利点があるのか、参考にしてみてください。

1.知識や経験がなくても開業できる

フランチャイズは、知識や経験がなくても開業できるメリットがあります。経営ノウハウはフランチャイズ本部により提供されるため、未経験でも早期に収益化を図れるでしょう。

知識のない分野でも、フランチャイズのノウハウがあれば進出しやすいのも利点です。

2.本部のブランド力を活用できる

フランチャイズに加盟すれば、本部のブランド力を使って経営をスタートできます。フランチャイズには大手チェーン店が多く、顧客の信頼感があります。集客効果があるため、開業初日から大きな売上が見込めるでしょう。

しかし、ブランド力に頼るばかりでなく、リピーターを増やしていく努力も大切です。

3.本部からサポートを受けられる

フランチャイズに加盟すると、本部から定期的なサポートを受けられるのも利点の1つです。開業前の指導だけでなく、開業後にも経営指導や改善点、目標などを共有してくれますます。

さらに広告宣伝や商品開発もフランチャイズ本部が行うため、事業主は運営に専念できます。本部からサポートを受けることで、スムーズな経営が行えるでしょう。

4.自分で開業するよりも負担が軽い

自分で開業しようとすると、リサーチや準備などにかなりの時間がかかります。しかし、フランチャイズなら本部が築き上げた経営ノウハウを利用できるので、時間の負担がかからずすぐに開業できます。

また、個人経営よりもフランチャイズの方が開業費用の負担が少ないのもメリットです。本部は店舗経営に必要な資材の仕入先に独自のルートがあり、店舗設備を安価で調達できます。さらに、一般的にコストがかかる広告宣伝も本部が行うため、大幅に費用を抑えられます。

3.フランチャイズのデメリット

フランチャイズのメリット

フランチャイズのデメリットもチェックしておきましょう。以下の3つの項目に分けて解説していきます。

  1. 自由な経営は難しい
  2. 本部にロイヤリティを支払う必要がある
  3. ブランドイメージに経営が左右される

デメリットもチェックし、メリットと照らし合わせてみてください。

1.自由な経営は難しい

フランチャイズは、ブランドイメージを保持したり、安定したサービスを提供したりしなければなりません。加盟店は、提供するサービスや経営ノウハウについては、本部が設定したマニュアル通りに行う必要があります。独自でルールを変えることはできないので、自由に経営したい方にはあまり向いていません。

業種によってはある程度自由なところもありますが、個人経営に比べるとある程度縛りがあることを把握しておきましょう。

2.本部にロイヤリティを支払う必要がある

加盟店は、フランチャイズ本部にロイヤリティを支払う必要があります。フランチャイズのメリットを享受する代わりに費用が発生するので、店舗の売上がすべて自分の利益になるわけではありません。

店舗の利益があまりない場合でも、ロイヤリティの支払いは発生します。ただし、フランチャイズによっては赤字補填制度を設けているところもあります。費用については本部が相談に乗ってくれるので、不安なことがあれば相談してみると良いでしょう。

3.ブランドイメージに経営が左右される

フランチャイズ加盟店は、本部の知名度やブランド力を利用できるのがメリットです。その一方で、本部企業や傘下のフランチャイズ加盟店に不正行為があった場合、たとえ他店舗が原因だったとしてもダメージを受けます。

飲食店であれば、食中毒が発生した、アルバイトが悪ふざけの動画をSNSにアップしたなどが挙げられます。企業イメージが悪くなれば、加盟店である自分の店舗も悪いイメージを持たれるデメリットがあります。

フランチャイズのブランドを利用するのには、メリットもデメリットもあることを把握しておくことが大切です。

まとめ

フランチャイズは、本部にロイヤリティを支払うことで、お店の名前やサービス、経営ノウハウを利用できる仕組みです。自分で開業しようとすると、時間や費用がかかったり、さまざまな雑務が発生して経営に集中できないことがあります。しかし、フランチャイズ加盟店なら本部がサポートしてくれるので、経営者は店舗の運営に専念できます。

開業したいけれど、未経験のためなかなか難しいと考える方は、フランチャイズを検討してみるのがおすすめです。さまざまな業種があるので、興味のある分野にぜひ挑戦してみてください。

優良フランチャイズブランドのご紹介

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00