フランチャイズ募集・有望フランチャイズビジネスを紹介

ATカンパニー株式会社

有望な新規事業を通じて日本に活力を
FCノウハウ

FC成功ノウハウ

KNOW HOW

新型コロナウイルス状況下の助成金獲得方法②(第4回:全12回)

市場・業界動向レポート(FC加盟をご検討中の方向け)

<事業継続緊急対策(テレワーク)助成金>
東京都防災HPより、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止対策として、都内企業のテレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始したことが発表されました。

都内に本社又は事業所を置き「2020TDM推進プロジェクト」に参加する中堅・中小企業者等のテレワーク導入費用を助成するものとなっていて、対象となる機器の購入費・設置・設定費等に対し250万円を上限とし、助成がされます。(助成率10/10)

対象者は、常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等で、東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」への参加が要件となっています。(その他要件あり)

<働き方改革推進支援助成金>
厚生労働省HPより「働き方改革推進支援助成金」に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取り組みを行う事業主を支援する特例コースを時限的に設けると発表がありました。
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する、休暇の促進に向けた環境整備に取り組む中小企業者を支援する助成金となっていて対象者は以下となっています。

労働者災害補償保険の適用中小企業事業主であること

テレワーク用通信機器の導入・運用や就業規則・労使協定等の作成・変更、労務管理担当者に対する研修、労働者に対する研修、周知・啓発、外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティングが対象の取り組みとなっていて、テレワークコース:上限100 万円、助成率1/2、職場意識改善コース:上限50万円、助成率最大4/5の助成がされます。

この状況下で事業主を救う為の助成金であり、従来のルールが緩和され、より申請しやすい内容となっています。

また、他にも新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の依頼に応じて施設停止に全面的に協力する中小事業者に対し、50万円(2店舗以上は100万円)の協力金を支給する「感染拡大防止協力金」などの協力金制度も発表されています。

尚、最新情報や対象者当等に関しては各種Webサイトもあわせてチェックするようご注意ください。

このように国や各自治体でも様々な支援制度が案内されていますので、新型コロナウイルスで事業規模の縮小や破綻を検討している方は、一刻も早くこれらの支援を受けて事業を立て直していきましょう。

ATカンパニー推奨のFCブランド

関連レポート

無料フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します

お問い合わせ・各種事業説明会
事業説明会へのお申し込み・各種お問い合わせなどお気軽にご相談ください
03-4500-7091平日9:00~18:00