フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > フランチャイズ選定で失敗しない為の加盟前に確認すべき7つのポイント

FC成功ノウハウ

フランチャイズ選定で失敗しない為の加盟前に確認すべき7つのポイント

今までのレポートにて、フランチャイズの選定を行う上で失敗しないための視点をいくつかお伝えをしてきました。
フランチャイズ加盟に際して、必ず加盟前に確認すべきことをおさらいしたいと思います。

最低限確認すべき視点は、下記の7つです。
(1)取り組み意義
(2)必要な能力や資産
(3)フランチャイズ本部の体制
(4)フランチャイズ本部の価値観
(5)事業計画の根拠
(6)加盟企業オーナーの声
(7)意思決定のプロセス

それぞれから派生し、もっと細かく見ていくことが重要です。

(1)取り組み意義
その事業に取り組む意義は明確でしょうか?
なぜ、あなたはそのフランチャイズビジネスに取り組むのでしょうか?
事業は一度取り組めば、簡単にはやめられません。
基本、経営し続けなければなりません。
取り組み意義が明確でないままや単に儲かることだけを目的に事業展開を行うと情熱が続かず、経営が成り立たなくなる事があります。
先ずは今一度、ご自身の中でなぜその事業に取り組むのか明確な取り組み意義を考えていただく方が良いでしょう。

(2)必要な能力や資産
そのフランチャイズ事業に必要な能力を理解し、自身の保有する経営能力や資産と照らし合わせて、事業を判断しているでしょうか?
フランチャイズ事業の特徴として、その事業の成功ノウハウをパッケージ化し、成功確率を高めている点が挙げられます。
しかし、人によって事業には向き不向きがあるのも事実であり、その事業が要求する能力があなたに兼ね備っているのか、もしくは今後兼ね備えることが可能なのかどうか、をしっかりと考察することが重要です。
フランチャイズに参加し、成功しなかった場合の原因として、業態や本部の力も勿論ありますが、そもそもそのビジネスが自分に合わないということが多分にしてあることも理解すべき点の一つです。

(3)フランチャイズ本部の体制
フランチャイズ本部は経営のパートナーとして、コンサルタントとして、十分な能力を保有しているでしょうか?
伸びるマーケットに属しているフランチャイズに参加することは当然ですが、フランチャイズビジネスとは、経営機能の一部をアウトソーシングしている事と同様です。
その為、フランチャイズ本部が十分な経営能力を保有し、しっかりとした指導、コンサルティングを実施してくれるのかは事業成功のための大きな要素となります。
本部の能力を見極めることも、事業選定において重要な要素なのです。

(4)フランチャイズ本部の価値観
フランチャイズ本部は経営者としてのあなたの価値観と近しいものを持ち合わせているでしょうか?
フランチャイズ本部の社長とは、しっかりと話し合いを行い、理念、ビジョンを握り合う事が必要です。
長期的なパートナーシップをフランチャイズ本部と構築する場合に、重要な視点として、経営上の価値観が挙げられます。
いくら成長性のある事業でも、経営的な価値観が合わなければ、長期的に良好なパートナーシップを構築することは難しいです。
そのため、本部社長との面談は必ず実施し、様々な質問を通じて相手の経営的価値観を知ることが重要です。

(5)事業計画の根拠
事業計画の根拠となるデータは確認できているでしょうか?
事業を判断する上で、また自社の成長戦略を検討する上でも、事業計画は大変重要な判断材料です。
しかし一方で、事業計画通りに事が進まないこともあり得ます。
事業計画を見る上で重要なのは、その根拠となるデータの確認を通じて、その事業の経営ポイントや成功要因を知ることです。
言い換えると、どれくらい儲けられるかだけでなく、その事業自体をより理解することが重要なのです。
最終的には本部から提示された事業計画を基に、ご自身で事業計画を組み直し、考察し直すこともお勧めします。

(6)加盟企業オーナーの声
加盟検討するにあたり、フランチャイズの既存加盟店のオーナーの生の声を確認しているでしょうか?
本部社長の話や営業マンからの説明、さらには提示された各種資料などを検証するだけでなく、実際に取り組まれている既存の加盟企業オーナーの生の声を聞くことも重要です。
本部の思想が加盟店にまでしっかりと浸透しているのか?
この点を確認することをお勧めします。

(7)意思決定のプロセス

専門家や信頼できる人間にアドバイスを仰いでいるでしょうか?
自分一人で意思決定していないでしょうか?
自社で抱える専門家の能力に左右される可能性はありますが、確りとした専門家のアドバイスも受けることも重要です。
たとえば、契約書ひとつとっても、弁護士に見せることや、初めての分野であれば、社労士に労務関係を事前に確認するなど、専門家の知見をしっかりと確認すべきです。
しかし、その相談相手も事前に精査し、そのアドバイスが正確なものなのかをご自身で見極める事がとても重要です。

以上、7つの視点をフランチャイズ選定のポイントにして頂き、フランチャイズ戦略を通じて、更なる成長を実現頂きたいと思っております。

無料 フランチャイズ経営に役立つ情報をご提供します。

対談インタビュー