フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > 新規事業を創出する際に最低限知っておきたい3つのこと

FC成功ノウハウ

新規事業を創出する際に最低限知っておきたい3つのこと

常に成長を求める際には、既存事業の拡大とともに、やはり新規事業分野の育成は大変重要な視点であります。
今回は新規事業の創出に関して、お伝えしたいと思います。

新規事業を創出し、成功させる為に最低限必要な要素は3つあると言えます。

① 戦略・ビジネスモデルの構築
② 自社の保有能力・人材の見極めと必要能力・人材の判断
③ 事業への情熱
この3つであると考えます。

① 戦略・ビジネスモデルの構築
戦略・ビジネスモデルの構築はお金で買う事も出来るし、自分自身で一から構築する事も当然可能です。
例えば、フランチャイズに加盟する事は戦略、そしてビジネスモデルを買う事とも言えます。
DMM.COMの場合は進出したい分野に長けた人材を雇い入れる事で、新規事業を立ち上げているようですし、その他、M&Aもある種、お金で事業やビジネスモデルを買っています。
一からビジネスモデルを構築する事も当然あるでしょう。この場合、当然ながら徹底した調査が必要です。弊社で新規事業としてシェアオフィス・レンタルオフィス事業『TRIEL(トリエル)』を立ち上げておりますが、この事業の立ち上げに際しては、徹底した調査の基に、ビジネスモデルを構築し戦略を考えました。
私自身も都内を中心に250箇所の施設を見て回り、同マーケットにおける成功要因は何かの把握に努めました。(大阪はすべての施設を回りました。)
数百もの施設を見学すると、成功店舗、失敗店舗の違いが浮き彫りになり、同業界、同マーケットで何が必要なのか、何が成功要因なのか、だんだんと見えてきました。

そこから弊社では、さらに競争力を高めるため、内装施工や什器備品の仕入れを考察し、当初の予定した金額よりも、初期投資を3分の1に下げることも実現しました。さらには業態としての魅力を向上させるため、外部企業とのアライアンスも徹底して構築し、結果的に独自のビジネスモデル、そして独自の戦略を構築することが出来ました。
以上のように、お金と時間を掛け、事業を作り上げました。

このように考えれば、戦略・ビジネスモデルを作り込むことが重要であると言えます。

② 自社の保有能力・人材の見極めと必要能力・人材の判断
しかし、そもそも気をつけなければならないのは、その事業を推進する上で、どんな能力や人材のタイプが求められるのか?
この点をしっかりと見極める必要があります。

もし求められる能力や人材が、自社にいない場合、事業は失敗に終わる可能性が高いのです。いくら完成度の高いビジネスモデルを考えることが出来ても、そのビジネスモデルを遂行する能力がなければ、ビジネスモデルは絵に描いた餅で終わります。

自社にない能力が求められるにもかかわらず、既存の組織、人材を活用しても、新規事業は立ち上がらない可能性が高いのです。それぞれの事業にはそれぞれが求める能力、人材像があることをしっかりと認識し、その求めるものに合致した能力を持つ人材を確保することに資金や工数を投下することが大変重要であると言えます。

③ 事業への情熱
最後に、やはり新規事業分野として、会社そして、経営者自身がその分野へ情熱を持てるかどうか? 経営者はこの点を真剣に考えなければならないと強く思います。事業は当然長期戦となることが普通です。長期の戦いにおいても、経営者がモチベーションを維持し、絶え間ない改善を続けられるかどうか、これは事業の成否を分ける大きな要因であります。
その点で経営者がその事業に対して、どれだけの情熱を注ぐことができるのか、またどれだけ情熱を保ち続けることができるのか。情熱の源泉となるべき使命感や価値観は明確か、今一度、振り返りながら、新規事業分野を創出することをお勧めします。

FC展開をお考えの方へ

FC成功ノウハウ一覧

  • 次世代型就労移行支援事業
  • 給与前払いサービス
  • 需要急拡大の新規事業 ベビーシッター派遣事業

対談インタビュー