フランチャイズ募集: HOME > FCノウハウ > これからの店舗系事業のコストダウンは家賃削減と工事費の見直しがトレンド

FC成功ノウハウ

これからの店舗系事業のコストダウンは家賃削減と工事費の見直しがトレンド

店舗系事業を展開する企業経営者、担当者がコストダウンを考えた時に、既に人件費や原価の最適化は多くの企業で取り組まれているものと思われます。
この点においては既に各種のノウハウが確立され、経営上、当然にして必要な視点だと理解されていると思います。家賃及び工事費において取り組まれている企業様は少ないのではないでしょうか? 弊社はこの2点においてもローコストに、最適化を実現することが経営上、大変重要な要素になると考えています。

 

家賃に関しては既に取り組まれているという企業様もいらっしゃると思いますが、ほとんどのケース、家賃交渉会社を活用し、他社によるコストダウンしているケースが主流ではないでしょうか?
しかし、弊社が指摘する家賃の適正化は、他社に依存するのではなく、自社で取り組むことです。これこそが大変重要であると考えております。

 

自社での取り組みは

①直接的な交渉ノウハウの蓄積

②物件ごとの適正賃料の算出

を必要とします。

この2点をノウハウとして確保できた場合、自社にて家賃削減交渉が可能となります。
結果として、大変ローコストに家賃削減を実現するとともに、家主との関係を大きく壊すことなく、コスト削減が実現できるのです。

 

次に、工事費用の見直し、これは単に工事費を下げるといった観点ではありません。最終的なゴールは、工事の発注のあり方自体を見直すことで、品質を保ちながら、より効率的により安価に工事を実現する発注体制の構築です。発注体制の構築においては、特定の業者に依存しない体制作り、価格以外に根拠を持った業者選定など、工事発注における経営スキルの向上はもはや店舗系事業を展開する企業においては必須な能力であり、今後、絶対的に差別化となる要素です。

 

この点も、多くの企業で担当者任せ、担当者の意見に経営者が判断できる知識や材料を持ち合わせていないケースが多数見受けられます。

そのような状態ではいつまで経っても、工事発注における経営スキルは向上しません。どの企業も、経営スキルという側面から、工事発注体制のあり方を絶対的に見直す必要があるのです。なぜならば、初期投資としての工事費は一度投下してしまうと、二度と過去に戻り、変更する事ができないためです。また仮に1店舗あたり、300万円の工事コストの削減が実現した場合、多店舗展開するほどにその効果は大きくなります。当然、10店舗展開すれば、3000万円ものコストが浮き、それ自体がキャッシュとして手元資金として残ることとなります。
それだけ、工事費の見直しは大きな効果を生むのです。経営者ならば、今一度、この分野に関しても、研究すべきでしょう。

 

以上、家賃と工事発注の重要性について、解説いたしました。

今一度、自社の状態を見直す機会としていただければと思います。

FC展開をお考えの方へ

FC成功ノウハウ一覧

  • 次世代型就労移行支援事業
  • 給与前払いサービス
  • 需要急拡大の新規事業 ベビーシッター派遣事業

対談インタビュー